不機嫌が恐怖に変わる時 - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不機嫌が恐怖に変わる時

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *







不機嫌になる事は、時にどんな人にも

あり得る事です。






確かに友人や家族が不機嫌でいると、

こちらとしてもあまり気分の良いものでは無いでしょう。




どうして不機嫌なのか心配になったり、


時々はこちらまで不機嫌になったりすると思います。








ですが、モラハラ夫を持つ妻にとって、


夫の不機嫌は大変な恐怖です。






モラハラ夫の不機嫌は、


本当に何気ない日常の中で突然始まります。






経験者の方の言葉を借りると



「え?そんな事で不機嫌になるの?という出来事や

一言で不機嫌になるので、とても疲れました。」


「帰宅した時点で不機嫌なので、何があったのか

全くわからなかったです。」



等と仰っています。






そして夫の不機嫌は、

その後の妻に対するモラハラ攻撃への

序章になる事が多いのです。





だからこそ、モラハラ夫を持つ被害者妻は

夫の不機嫌を恐怖に感じるのです。





「夫の不機嫌なんて、そんなの放っておけば良いのよ。」


などの周囲のアドバイスは、

モラハラのケースでは当てはまらないのです。







夫の不機嫌を恐怖に感じる様になると、


被害者妻は生活のあらゆる面で夫に遠慮する様に

なります。





夫婦で協力が必要な事や、夫の当たり前の義務を

果たして貰うだけの場面でも、


夫が不機嫌にならない様に配慮しながら

働きかけなくてはならなくなります。





多くの被害者が仰る


「これを言って夫が不機嫌になる位なら、私が我慢する。」


「夫が不機嫌になるから、本当は夫がするべき事だけど

私がやれば良いやと思っていました。」


と言う状態になってしまいます。





「不本意だ」「理不尽だ」という感情が妻の中にも

生じますが、


あえてその感情に気付かない様に気付かない様にし、



そうしてやがて自己価値観などが低められてしまうと


不本意だ、理不尽だ、と

自分の為に思う事すら出来なくなってしまうのです。







夫の不機嫌は、

あらゆるモラハラ攻撃の始まりとなるケースが

多いのです。







夫の不機嫌に対し


「勝手に不機嫌になっているのだから放っとこう。」


と思えるか、


それを大変な恐怖に感じるか。






それが、

夫から受けている被害かモラハラかどうかを

はかる一つの目安になると思います。









*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)