銀行は御社の何を見ているか(法人編) - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

真鍋 貴臣
香洋ファイナンシャル・プランニング事務所 代表者
香川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

銀行は御社の何を見ているか(法人編)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
このテーマは、今年度拝命した某セミナーのシメのネタに使おうと思っていたのですが、そちらでは「具体的な方法」を説明する事として、今回は導入編な部分で書いてみたいと思います。

事業活動をするに際し、銀行との取引は切っても切り離せません。

当座、普通をはじめとした資金決済機能、いわば企業活動の「血液」の部分を、銀行は全て握っています。

また、企業を大きくする為には資金調達=融資は不可欠であり、おそらくごく一部の自己資金(内部留保)だけで将来の投資を賄える会社以外は、銀行からお金を借りているはずです。

その昔、銀行の融資は「担保主義」と言われ、融資金に見合うだけの担保(物的、人的)がなければ難しいという時代がありました。

しかし、バブルの終焉に伴い、土地を始めとした担保の価値が底なしで下落するという時代を経て、現在銀行は「その企業が融資(投資)するに足りるかどうかを見る」時代へと変わっています。

融資も、いわば「リスクに応じたクレジット(金利)で投資する」事に他ならず、銀行はその「リスク」を、過去のように「担保」や「決算」という側面だけでなく、あらゆる面から判断しようとします。

言い換えるならば、仮に赤字を出した会社であっても、銀行がその会社に「リスクを取る」だけの価値があると判断するのであれば、融資を受けることは可能だということです。

具体的な方法はセミナーを聞いていただく事として、必ず見られる部分は「人」と「具体策」と「実現可能性」だと思います。

私の敬愛するドラッカーの言葉に「リーダーに求められる能力はただ一つ、真摯であること」という名言(私の座右の銘でもあります)がありますが、正にこの部分こそ、銀行が取引企業に求める、そして社長が企業を発展させるために必要な能力だと思います。

これを読んで興味を持って頂けた社長様、是非某セミナーにご参加ください(笑)

このコラムに類似したコラム

チャリティセミナーを実施致します。 渡辺 博士 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/04 17:19)

今週は佐賀、山梨、群馬、東京でセミナー 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/20 14:47)

10月開催☆定期セミナー『ゆとり生活を叶えるマネー講座』のご案内 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/07 17:11)