ビジネスメール講座 その5 - 英語全般 - 専門家プロファイル

鈴木 将樹
英語総合即戦学校 
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスメール講座 その5

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般
英語関連コラム

ビジネスメール講座です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
英語では何と書くといいでしょう?

■(確認のメール)「~を確かに受け取りました」


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
































☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
「~を確かに受け取りました」
■This is to confirm that we have received~


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
<解説>
英語のメールでは一番最初にメールの主題を書くということを
言いましたが、冒頭に使う文というのはある種独特で日本語に
直訳すると変に聞こえるものも多いので気をつけましょう。

今回の表現も「これは私たちが~を受け取った事を確認するた
めのものです」と直訳すると非常に変ですね。かといって日本
語を直訳してWe surely received~というのは変な英語になっ
てしまいます。日本語と英語の直訳には限界があるというのは
こういうことですね。

このThis is to...には他にも

This is to inform you that your membership will expire in
May.

貴方のメンバーシップが5月に期限切れになることについての
お知らせです。

というふうにconfirmをinformにすればおしらせをしたいとき
にも使えますから、便利ですね。



メルマガを購読されたいという方は(まぐまぐで発行しています)↓


http://www.mag2.com/m/0001099189.html

このコラムに類似したコラム

英語学習で何が不要で何が必要なのか 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/07/14 13:03)

ビジネスメール講座 その3 鈴木 将樹 - 英語講師(2012/04/09 11:03)

「寒露(かんろ)」は英語で? 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/10/08 19:30)

昨日の答え〜「ヒガンバナ」は英語で? 伊東 なおみ - 英語講師および日本語教師(2013/09/27 22:00)

文脈から表現を覚えよう!14 [lost in translation] 野村 直美 - 英語講師(2013/05/15 17:57)