子ども英語レッスン4 - 英語通訳者・講師育成 - 専門家プロファイル

石田 さおり
アクティブ英会話講師紹介センター 代表取締役
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども英語レッスン4

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英語通訳者・講師育成
子供英語先生のサポート

こんにちは、スタッフのhamadaです。


今回は形容詞(一部副詞)導入の具体例やゲームを少しご紹介したいと思います。


導入段階で反対語とセットで覚えると良いと申し上げました。
いくつかの形容詞を導入しましたら、以下のような形での確認ができます。


1. カードを見せ、「Say a word.」→「Say the opposite.」


  2、3組ではすぐ終了してしまいますので、最低5組以上導入してから行って下さい。
  数が増える度に行うと復習になります。


2. 反対語のカードをワンセットにして、神経衰弱もできます。


  この時、たまたま意図せずに反対語を取れた場合も本人が認識していなければ
  取れないことにします。相手にチャンスを与えることになりますが…


3. Which words mean the same?


closed difficult expensive large loud small


big dear hard little noisy shut etc.


 同じ或いは似た意味の単語を制限時間内で組み合わせたり、writingの進んでいる

 生徒なら書かせても良いかもしれません。                       


4. Which words describe each picture?


 こちらはPCカードと単語カードを使います。


 cold,long,fat,sharp,lightなどの単語カードとsnake,pig,ice cream,feather,scissors
 などそれぞれの形容詞を表わすPCカードを用意して、上記2、3、4を応用したゲームを
 取り入れることもできます。


* 毎回動詞に5分、形容詞・副詞に5分、前置詞に5分、文章のパターンプラクティスに

   5分と、レッスンのどこかに取り入れながら(全部取り入れるのは大変でしたら、

   毎回2つずつなど)メインレッスンに加えていくと、生徒からの発話も少しずつ文章で

   会話できることが増えてくると思います。


   是非試して下さいね。



 次回は分かりにくい副詞の頻度についてお話したいと思います。(‐^▽^‐)
 




このコラムに類似したコラム

English Diary 石田 さおり - 英語講師(2013/02/15 13:32)

生徒様からの素敵なお手紙 石田 さおり - 英語講師(2013/01/31 17:45)

オンライン英会話講師募集と事業説明会のお知らせ 石田 さおり - 英語講師(2012/08/29 14:37)