「そんなの、言い返せば良いじゃない」~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「そんなの、言い返せば良いじゃない」~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです
*   *   *   *   *   *





夫からのモラハラ被害に遭っている

被害者の妻が、やっとの思いで

勇気を出して

両親や友人に相談すると、



「そんなの言い返せば良いじゃない」


「いつもの気が強いあなたはどうしたのよ(笑」



などと返されてしまう事があります。




相談に対してこの様な受け答えになって

しまう点も、


もしかしたらモラハラという暴力の特徴かも

知れませんね。




昔からのあなたを知る人にとっては、


例えば


・昔から明るかった


・昔からハキハキしていた


・昔から気が強かった


・昔からちゃんと自己主張が出来ていた


etc...



そんなあなたが、


「まさか、夫に一言言い返す事も出来ないほどに」


追い詰められているとは思いもしないでしょう。




また、最初のうちはモラハラ夫も周囲に対して

良い顔だけを見せているので、

そう言う事もあって


「あんなに優しそうな人なのに」


「穏やかそうな人だから、話せばわかるよ」


等と言われてしまう事もあります。






ですが、当然ながら、


既にモラハラ被害を受けている妻が

夫に言い返すなんて無理です。



友人や両親に話したと言う事は、既に

モラハラ攻撃が、自分で受け止め続けるには

苦しい所まできているのだと思います。



この頃にはきっと妻は


「言い返したら何倍にもなる」


「言い返すと更に状況が悪化する」


と言う事を、イヤというほど学習させられている

はずです。






「言いたい事があるなら言えば良いじゃない」


「そんなの、言い返せば良いじゃない」



これは、関係が対等な夫婦にだけ

出来ること。




既にハッキリと上下関係や主従関係を

思い知らされているモラハラ被害を受けている

妻にとっては、


「言い返す=殺されるかも知れない」


「言い返す=何もかもめちゃくちゃにされるかも」


位に恐怖な事なのです。





勿論、中には結婚前や結婚当初から

ご両親や友人の方が


「あの人(モラハラ夫)ちょっと変じゃない?」


と仰るケースもありますし、

離婚話が持ち上がり話合いが長期化する課程で


「あんた(被害者妻)の言う通りかもね。」


「○○さん(モラハラ夫)はちょっとおかしいね。」


と、ご実家の両親が気付いてくれたと言うケースは

多いです。




ですが、

「今」

支援を必要としている被害者たちにとっては、

本質を周囲の人達にわかって貰うまでがとても

長い道のりなんですよね。。





さらには離婚後。



やっとの思いで離婚した後も、友人などと

離婚の話題になると


「何だかんだであなただって言い返してたんでしょ?」


とか、


「夫婦なんだから、どっちかだけが悪いなんて事は

無いわよ。」


とか、訳知り顔で言われてしまう事も

あると思います。




そんな時、

つい自分がどれだけ辛かったか

わかって貰えるまで訴えたくなったり、


反対に

「言っても無駄なんだろうな」と、

理解されない事にむなしさを感じたり、


更には

「わかったような」物の言い方に怒りを

感じる事もあるかも知れません。



(私の話で恐縮ですが、


私自身、今でも私が受けたモラハラについては

他人にとやかく言われたくない、という気持ちが

強いです。


あくまで「私の被害」なのだから、他人から


「許してやれ」


とか


「そんな程度で」


とか、私の被害を軽んじる様な発言は

どうしても受け入れられない自分がいます。


(流石ちえぼぅ、心が狭い(苦笑;))





どんな事でもそうでしょうが、

特に、

モラルハラスメントという暴力については

万人に理解してもらう事は難しいと感じています。



被害者の方に必要なのは、


心無い言葉や理解の無い態度を示された時、


「その人が悪意をもってしているのか」


そこを冷静に見極めることだと思います。



悪意を持って傷つくように仕向ける人に対しては、

毅然と自分を守る事。



ですが反面、悪意なく(能天気に(?;)一般論を

話す人達に対しては、


こちらの方が割り切って対応した方が、結局は

楽なのかもしれません。



一般論や常識では考えられない様な暴力。


それが、モラルハラスメントですから。








*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)