された側は、忘れられない~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

された側は、忘れられない~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

第5回モラルハラスメント語りと癒しワーク
開催します

とき:2012年3月3日(土)10:00-12:30
ところ:西新宿KIHビル(西新宿7丁目)
料金:お一人さま3,000円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*女性限定*
詳しくは こちらの記事  をご覧下さい 
*残席1つになりました*

*   *   *   *   *   *




モラハラ夫は、夫婦ケンカの際に


「離婚だ!」


を常套句の様に使う、と言う事は、この

ブログ内でも何度か触れている所です。




そして自分から散々離婚を言い、妻を

追いつめておきながら、


今度は、決意した妻から離婚を正式に

言い渡されると、手のひらを返したように


謝罪、離婚発言の撤回、何事も無かったかの様に

振舞う、


などが始まります。





そもそも

「離婚」

は、

単なる夫婦ケンカの延長では無いのです。



法律行為だと言う事は勿論、

社会的にも道義的にも責任を伴う事で、

軽々しく口にするようなものではありません。




それを、妻を追い詰め攻撃する為なら

何でも利用するかの様に、

見境無く発言できてしまうのが

モラハラの、モラハラたる所以なのでしょう。




いざ、妻が離婚を申し出ると


「離婚なんて、冗談に決まっているだろう」


「反省してるから、これからの俺を見て」


などと、簡単に離婚を撤回できる

発言の軽さ。



不用意な言葉が、時に取り返しの付かない

傷を与えてしまう、と言う事にすら思いを

巡らせられない思慮の浅さ。





発言した側は、すぐに忘れられても、


言われた側は、忘れられないのです。



傷付けた方はすぐに忘れても、


傷付けられた方は、忘れられないのです。




傷は簡単には癒えなくて、


だからこそ、みなさん色々と時間をかけて、

ゆっくり自分を見つめなおして、

痛いところをケアして、


そうして再生して行くのです。




傷付けた側が、もし信頼を取り戻す事が

出来るとしたら。。


そういった再生の過程を静かに支え、見守り、

義務を果たし、

長い長い時間をかけて、

やっと信頼を取り戻す事ができるのだと

思います。




そういった努力は一切放棄して


「反省した」

「離婚なんて冗談だから」


の言葉で全てを無かった事にしようとする事

自体が、甘いのです。




された側は、忘れられないのですから。





*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)