密着した関係~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

密着した関係~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです
*   *   *   *   *   *




夫からモラハラ被害を受けている妻が、

モラハラ被害の真っ只中にいる時、


加害者対被害者の、とても密着した関係に

身を置く状況にあると思います。





被害者妻の頭は


・どうしたら夫が機嫌良くいてくれるか


・どうしたら夫は元の優しい夫に戻るのか


・今日は夫は夕飯を食べてくれるだろうか


・今日は機嫌よく帰ってきてくれるだろうか


・一体今日はどんな事で責められるだろう


などなど、とにかくモラハラ被害に支配されて

しまっています。




『「外部に相談してみよう」

と思い至ることすら出来ずに、まるで

回し車を回すハムスターの様に、一人で

必死に空回りしていました。』



こう、モラハラ被害を表現した被害者の方も

いらっしゃいました。



ハムスターは、自分で回し車を降りる事を

決められます。



ですが、モラハラ被害者は、自分の意思で

その被害のスパイラルから抜け出る事は

大変困難です。





とにかく、夫との関係のみにすり減らされる

神経。


どんどん消耗していく精神。


失われていく自分らしさ。



そして何より恐ろしいのは、


こう言った自分の被害にすら、脱出して一定の

時間や距離を置いた後にならないと、

気付けないと言う点です。


すり減っている自分自身にすら気付いて

あげられない程に、追詰められてしまうのです。




再三申上げている所ですが、


モラルハラスメントという暴力は、当事者のみの

密着した関係性にある間は、


気付く事も、脱出する事も、

大変に難しいです。



まずは、外部にSOSを出す事からです。



モラハラ被害の真っ只中にいらっしゃる方に

とっては、とても勇気の要ることでしょう。



ですが、その勇気が脱出への

第一歩になります。





*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

壊しても、治せるものばかりではないから~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/29 09:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

クリスマスにパンダを作るちえぼぅ♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/24 16:33)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)