殴られて、嬉しかった~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

殴られて、嬉しかった~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

第4回モラルハラスメント語りと癒しワーク
開催します

とき:2012年1月28日(土)10:00-12:30
ところ:西新宿KIHビル(西新宿7丁目)
料金:お一人さま3,000円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*女性限定*
詳しくは こちらの記事  をご覧下さい 
*満席になりました*
*   *   *   *   *   *





モラハラ被害を受け続けている妻は、時に

「心の糸が切れる」

という感じで、フラリと家を出てしまったり
家事も出来ずにただただ寝込んでしまったり、
という状態になる事があります。



中には本当に後先まで考えずに、でも勝手に
身体だけが動いて、
淡々と荷物をまとめて
気がついたら子どもと実家にいた。

と仰る方もいらっしゃいました。



心が悲鳴を上げていたのでしょう。

本当にもう、限界だったのだと思います。





ところが、こう言った妻の行動さえも
モラハラ夫からの攻撃の対象になってしまいます。


「妻の心が悲鳴を上げている」
「妻はもう精神的に限界だ」

こう言った事情は、モラハラ夫にとっては
「妻の身勝手な行動」
を許す理由にはならないのです。



そうです。
ボロボロになった心を抱えて、限界を迎えて
起した家出や心身の不調も、

モラハラ夫にしてみれば「妻の身勝手」なのです。





「話し合いも無くいきなり家を出るなんて、
なんて身勝手な奴だ。」

「家事も出来ないなんて、無責任な奴だ。」


モラハラ夫が妻を攻め立てる言葉には、
枚挙に暇がありません。




さらに良くないケースでは、
せっかくモラハラ夫のいる家を出られたのにも
関わらず、ご実家の理解が得られないケースです。


実家のご両親から早く家に帰るように説得されたり、
モラハラ夫に謝りなさい、と反対に叱られてしまう
ケースもあります。




「いっそ殴ってくれた方が楽だと思いました。」

「夫が初めて暴力を振るった時、内面
うれしかったんです。
これで周りの人に理解してもらえる!って
思いました。」



モラハラ被害者にとって、誰か一人だけでも
心からモラハラの辛さを理解して見守ってくれる人が
いる事は、本当に心強い事だと思います。


ですが、それがなかなか見つからない
現状があります。


「いっそ殴ってくれたら」

こう思うくらいに、モラハラと言う精神的暴力は
深刻なものなのに。







*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)