パイプ火打ち - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
野平 史彦
(建築家)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パイプ火打ち

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ミチノイエ
火打ちとは、梁と梁との交差部を固定させる為に、斜めに掛ける材のことです。

地震時に歪みが起こらない様、構造上必要不可欠なものです。

通常は90角等の木材等で行うことが多く、天井裏内での設置となる。

「ミチノイエ」は火打ちが必要な個所が吹き抜けとなっており、室内に現れてしまう。

90角の木材では、インテリアイメージが崩れる為、パイプ火打ちというものを採用しました。

30φ程度の丸いパイプ状のもので、非常にシンプル。

インテリアイメージも崩さず、構造もしっかり確保しています。

仕上げは、壁と同じ白で塗装する予定です。