ビジネス文章力をアップさせる(11) - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

野村佳代
出版/広告プロデュース〜企画・ライティングからデザイン・印刷まで 株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役
ライター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネス文章力をアップさせる(11)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
中小企業の売上を上げるしくみ作り ビジネス文章力養成講座

ビジネスでのハガキによるお礼状(2)





本文ではエピソードを書く




お礼状の定型パターンは、以下の通りです。


├────────┤
│   挨 拶  │
├────────┤
    ↓↓
├────────┤
│   本 文  │
├────────┤
    ↓↓
├────────┤
│   締 め   │
├────────┤


「挨拶」と「締め」はいいとして、みなさんが悩まれるのは「本文」だと思います。

本文の基本は「エピソードを書く」ことです。

たとえば面会のお礼であれば、面会中、話題になったことで自分が嬉しかったこと、感動したことを書きます。
自分と相手だけが知っているエピソードですから、親密感が増すわけです。

また、お客様や取引先から何かプレゼントをいただくこともあるでしょう。
たとえばそれが「会社のみんなで分けて食べられるお菓子」だとしたら、そのお菓子を食べた様子、会社のみんなが喜んだ様子、また自分の感想などを書くことで、相手に「プレゼントをあげてよかったな」と思ってもらえます。

画像としてアップしている例文を見ていただけるとわかるのですが、言葉は非常にシンプルなものです。
奇をてらわず、素直な気持ちを書くことで、相手に感謝が伝えられます。


次回は、ハガキでのお礼状を「ちょっと楽しくするポイント」を紹介します。