デジタル家電大手のソニーが自己託送で全量自家消費を開始 - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

株式会社和上ホールディングス 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

松林 宏治
松林 宏治
(住宅設備コーディネーター)
石橋 大右
石橋 大右
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2021年05月12日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デジタル家電大手のソニーが自己託送で全量自家消費を開始

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

デジタル家電大手のソニーが、自己託送による太陽光発電で全量自家消費をするプロジェクトを発表しました。この自己託送というのは、自社の敷地外にある太陽光発電設備からの電力供給を受け、自社で消費するモデルです。自社内や消費地に太陽光発電設備を設置できないような場合であっても、再生可能エネルギーであれば外部からの供給であっても自家消費を見なすのが自己託送です。自社に十分な敷地がなくても自家消費型の太陽光発電に参入できることが大きなメリットですが、そのスキームをあのソニーが採用したことで話題になりました。

今回ソニーが発表した内容によると、太陽光発電設備は愛知県半田市にある「知多大動物病院」が保有する同県東海市内にある牛舎の敷地に太陽光発電所を設け、そこで得られた電力をソニーの拠点に供給して使用する電力の一部に充当するというものです。牛舎は一般的に平屋造りで広大な敷地を要することから、屋根には太陽光発電ができるポテンシャルがあります。今回のプロジェクトはそのスペースを有効利用するというもので、この地区で送電網を管理している中部電力の送電網を使って送電されます。

この件のプレスリリースではあまり強調されていませんが、私としてはこのプロジェクトには営農モデルに近い可能性も感じています。というのも、牛舎の中には生きた牛が生活をしているわけで、牛の生活環境を維持するには空調が必要になるからです。以前であればそこまで重視されることはなかったかもしれませんが、ここ十年来の夏の暑さは殺人的です。暑さのせいで人命が危険に晒されることもしばしばですが、それはもちろん牛にとっても同じです。そんな牛舎の屋根に太陽光パネルを設置することで、夏季の遮蔽効果が期待できます。すでに家庭用の太陽光発電システムではメリットとして認識されているもので、太陽光パネルがあることで夏季のエアコン出力を抑制できることが分かっています。牛舎という大規模な施設で同様の効果が得られるとしたら、まさに一石二鳥です。弊社、和上ホールディングスでは太陽光発電と農業の両立を図る営農モデルの推進も行っていますが、このソニーの自己託送プロジェクトに同様の意図があるとすれば、今後に向けて面白いモデルケースになるのではないでしょうか。

実はソニーはすでに、こうした分野に先進的な取り組みを続けてきている経緯があります。自社の工場内に太陽光発電設備を設置して自家消費に取り組んでいますし、再生可能エネルギー比率100%を目指す枠組みである「RE100」にも加盟済みです。ESG投資の時代に向けて、ソニーはすでに次なる一手を確実に打っていることを改めて実感できます。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社和上ホールディングス 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

このコラムに類似したコラム

太陽光発電の新たなニーズ、「自家消費」と「グリーン電力」 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/12/17 10:33)

卒FITによって「RE100」への企業の加盟が促進される可能性 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/12/14 06:00)

卒FITはビジネスチャンス、という「チャンス」 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/12/29 07:00)

脱炭素化への意識が高まるとともに太陽光発電の立ち位置も変化 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2018/11/30 05:02)

正念場を迎えた再生可能エネルギー、原発からの転換は本当に進むのか 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/04/21 12:02)