多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術…先進医療の対象から外れる - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
澤田 勉
(保険アドバイザー)
澤田 勉
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2020年04月01日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術…先進医療の対象から外れる

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

白内障の治療のうち、単焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は健康保険の対象、つまり標準治療です。

 

一方、同じ白内障の治療の内、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は先進医療の対象です。

が、このほど、4月から多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は先進医療の対象から外れることになりそうです。

先進医療の治療例の典型でしたが。今や、割とあっちこっち眼科クリニックで行われていますからね。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム