東京総合研究所:NYダウ初の2万7000ドル、最高値更新。 - 投資相談全般 - 専門家プロファイル

株式会社 東京総合研究所 代表取締役
東京都
シニア・エグゼクティブ・アドバイザー
03-6721-7164
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

大山 充
大山 充
(シニア・エグゼクティブ・アドバイザー)
大山 充
大山 充
(シニア・エグゼクティブ・アドバイザー)
大山 充
大山 充
(シニア・エグゼクティブ・アドバイザー)
大山 充
(シニア・エグゼクティブ・アドバイザー)

閲覧数順 2019年07月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京総合研究所:NYダウ初の2万7000ドル、最高値更新。

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 投資相談全般

こんにちは、東京総合研究所スタッフです。

今回はNYダウが初の2万7000ドル台に到達し、最高値を更新したニュースについて考えていきたいと思います。

 

日本経済新聞によれば、11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は過去最高値を更新し、前日比227ドル88セント(0.85%)高の2万7088ドル08セントで取引を終えました。

 

ダウ平均が2万7000ドル台に乗るのは初めてのことで、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で利下げを示唆したことで市場の期待が高まり、株式への買いが膨らんだと報じられています。

 

より具体的に言うと、パウエル氏は10日に「より緩和的な金融政策の必要性が高まっている」と述べ、利下げを示唆し11日に「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない」と改めて早期の利下げの意欲を見せたということです。

 

金融緩和瀬策がとられると一般的に景気は良くなりますよね。株価には様々な要素が影響しますがこうした金融政策の方向性など景気全体を左右する要素によって大きく影響されるのでしょう。

 

一方で現在、本日の日経平均株価はマイナスとなっていますが今回のダウの最高値の時と同様のケースが日本でも起きると考えられます。

近頃は得に大きな発表はありませんが、日銀の金融政策に関するニュースには常にアンテナを張っておくべきです。

 

このように投資家はいつも情報を入手するためにアンテナを張っておくべきです。東京総合研究所ではそんな投資家の皆様に向けて代表が更新しているブログを紹介しております。プロの目から見る相場感を日々チェックできるブログですので是非ご一読ください!

 

東京総合研究所の20年現役マネージャーの株式情報

 

また、東京総合研究所ではLINE無料リアル公開成績を直近で更新しております。

 

ただで除法を見れるLINE@BillionTouchの登録がまだお済ではない方はぜひこの機会にご登録ください!

東京総合研究所のライン版BillionTouch

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / シニア・エグゼクティブ・アドバイザー)
株式会社 東京総合研究所 代表取締役

来訪日々2万人のブログで人気、株式、デリバティブ何でも解析

投資銀行で解析システムを開発。為替から先物まで市場の動きを現代統計解析学を用いて分析。月刊フォーブスの投資コラムを5年間担当、2009年度新生銀行運用コンテスト1位。大口投資家からも厚い信頼を得ている。東京総合研究所 関東財務局(金商)2507号登録

03-6721-7164
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。