本人の病気と親の介護 - 老人ホーム・介護 - 専門家プロファイル

SDC 安田塾 塾長
京都府
塾講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

みかん
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
管野 寿一
(建築家)
中村 はるみ
(性格分析交流術 夫婦円満R コンサルタント)

閲覧数順 2021年07月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1人のクライエントのお話です。その人は今母親の介護で実家と自分の家とを往復しています。最近は実家にいることの方が多いようです。お母さんは認知症で糖尿も少し出ているようです。ご家族の方と本人が交代でお世話にあたっておられます。介護はいつ、誰にでも訪れる問題です。決して他人事ではありませんし、誰も逃げることのできない問題です。本人も長年病気とお付き合いされています。私ともその病気がご縁でかれこれ10年以上のお付き合いとなります。私にできることはお話をお伺いすることしかできません。何か効果的な行動を提示するとか、提案するとかはできません。先ずはお話を聞いて気分を和らげることです。本人が落ち着けばゆっくりと解決に向いてくれることでしょう。自力で出来なければご家族で、それでも無理なら他の方法を考えましょう。自分一人で抱え込むことはありません。いろんな人、様々な機関を使っていきましょう。一人ではありません。そう考えれば色々な方向が見出せるでしょう。使えるものはなんでも使いましょう。そのためには先ず相談してみることです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 塾講師)
SDC 安田塾 塾長

365日年中夢求

開塾以来25年、子どもたちの夢を実現し、希望をかなえるために全力を注いできました。いつの時代も子どもたちは変わりません。彼らの持っている可能性を全て引き出し、昨日とは違った姿を見せてやりたいと思っております。

このコラムに類似したコラム

7月度障害者自立支援委員会 斉藤 進一 - 建築家(2021/07/15 23:45)

地方創生の自治体支援を活用 斉藤 進一 - 建築家(2021/04/02 00:18)

嗅覚刺激で認知症予防 4 斉藤 進一 - 建築家(2021/03/26 16:40)

国際福祉機器展(感想) 斉藤 進一 - 建築家(2017/10/02 16:00)

浴室・浴場デザイン 高齢者デイサービス 小木野 貴光 - 建築家(2017/02/24 00:00)