年収3000万の人は、打ち合わせの時 何を注文する? - キャリアカウンセリング - 専門家プロファイル

神奈川県
YouTube専門コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

福田 聡子
福田 聡子
(経営コンサルタント)
藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹内 和美
(研修講師)

閲覧数順 2018年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年収3000万の人は、打ち合わせの時 何を注文する?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアカウンセリング
豊かな暮らしをHAPPYにENJOYする

「コーヒー」「コーラ」「ミネラルウォーター」年収3000万の人が頼むのはどれ?

年収3000万円の人は、打ち合わせでコーヒーを頼む。

大抵のビジネスマンは、カフェや喫茶店で打ち合せをします。

注文は、圧倒的にコーヒーを頼む人が多いですね。

(スジェールコーヒーも ご多分にもれず、コーヒーばかりです)

(あっ!?コーヒー専門店と謳っているから、仕方ないか?) 

考えてみれば、コーヒーというのはあまり打ち合わせ向きの飲みものではありませんね。

目覚めの一杯にはいいかもしれませんが、

打ち合わせが長引いたりして…何度もコーヒーをおかわりしていると胃がもたれますし、

砂糖を入れたりすれば、糖分の過剰摂取にもなります。

ボクの場合は、たいがいコーヒー1杯で40分くらいが限度ですね。

それ以上となると…

何か?つけ合わせのものが必要となります。

(※例えば、ケーキとかクッキーとか※)


おいしいコーヒーであれば、2杯目を頼みますが

そうでないと、打合せの場合は そこで「THE END」。

ひとり仕事の場合は、つけ合わせのもの(食べたいものがあれば)を

頼むか?別の場所へ移動して、また 仕事をするか?です。


一説によると…

年収1000万円超から3000万円クラスのビジネスマンの方が
好んで飲むのが、コーヒーらしい。

でも、、、

”ナカザワ”的には

当然 セブンコーヒーは×(ペケ)です。

スタバやタリーズも、アウトです。

せめて、ブルーボトルコーヒーですかね?

決して「値の張るコーヒーを率先して飲みましょう」

と言っているのではありません。

『値段の格差が、そこに滞在する人の属性をも左右する』

とボクは考えるからです。


例えば、

ホテルのラウンジ

(リッツカールトン、リーガロイヤル、シャングリラ、フォーシーズンズ etc)

GINZA SIX 6階や鎌倉御成町店の

「スターバックス・リザーブ店」

「ミカフェ―ト」(川島良彰さんのお店)

「田園調布 SugerCoffee」(笑笑)


『お金持ちは、お金持ちが集まる所に 寄ってくる』


その辺りから考えると…

「田園調布 SugerCoffee」は、環境が整い過ぎている(笑)。


※オーナーの菅井敏之さんは、不動産投資家の第一人者として
 メディアやマスコミで 大活躍中。
※そんな僕は僕で、海外投資(不動産・ファンド etc)で10年以上の経験を持つ。


しつこいようですが…

お金持ちが自然と足を運んでしまう具体的条件が、スジェールコーヒーには揃い過ぎています。


※※これで、コーヒー1杯の価格が¥1,000円以上であれば 申し分ないのだが…※※


ちなみに

スジェールコーヒー オーナーの菅井敏之さんの新刊が12月14日に発売になります。

この機会に お手に取って ぜひ、お読みください。

あなたと子どものお金が増える大金持ちの知恵袋30


Amazon.co.jpで予約する 
https://www.amazon.co.jp/dp/4087816192/


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / YouTube専門コンサルタント)

【幸福力の方程式】=「YouTube」×コミュニケーション力

YouTube動画を使って、組織内のコミュニケーションの向上を目指します。【陽転思考】によって、コミュニケーション力に内面的磨きがかかります。またピュア・ティストな人づきあいが増す、”かたり場”レッスン『人に好かれる話し方』を開催しています。

カテゴリ 「豊かな暮らしをHAPPYにENJOYする」のコラム

このコラムに類似したコラム

仕事の種まき、その勘所は何か 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/11/05 17:47)

【受講者感想vol.66】 長い人生のための投資にしてはずばり安い!です。 タカミ タカシ - キャリアカウンセラー(2011/01/22 23:00)

謹んで信念申し上げます 竹内 和美 - 研修講師(2011/01/02 11:15)