サイディング外壁のクラック - 外壁塗装・外壁リフォーム - 専門家プロファイル

株式会社塗装職人 代表
神奈川県
塗装・防水
0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

荒木 勇
荒木 勇
(工務店)
森 幸夫
(代表)

閲覧数順 2017年11月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サイディング外壁のクラック

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 外壁塗装・外壁リフォーム
塗装 外壁塗装

塗装後の6年後と3年後に、外壁サイディングのコーナー部分にひび割れや隙間が生じてくるという現象です。

 

塗装後3年目。

 

補修した後です。

 

 

塗装後6年目。

 

 

やはりこれも補修した後です。

 

ちなみにコーナー部分以外の外壁面は正常です。

窯業系サイディングのコーナーには、一体物と接合した2種類があります。

 

一般には一体型のものは、木造の構造上コーナーにはエネルギーが集中するためゆがみが生じやすく、その影響でコーナー部のサイディングの素材破談が起こって塗膜剥がれのような現象が起こると言われています。

 

一方で接合型のほうは経年劣化とゆがみで隙間が生じ、サイディング断面から水分が吸収してしまうと言われています。

 

窯業系サイディングは繊維とセメント素材を混合させて圧着したものなので、水分を吸収しやすく藻やコケの発生にもつながります。

 

また寒冷地などでは凍害による爆裂現象になることもあります。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 塗装・防水)
株式会社塗装職人 代表

一級塗装技能士を超えた「塗装指導員」7名

国家資格、一級塗装技能士の上級資格である「塗装科・職業訓練指導員」が必ず施工担当させていただく横浜にある塗装会社です。家の外壁塗装を検討されている方に、一級の技術、知識をご活用して頂いています。

0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「塗装」のコラム