加速する温暖化 "Scientific American"より - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
中尾 匡宏
中尾 匡宏
(ビジネス英語コーチ)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2021年05月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

加速する温暖化 "Scientific American"より

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
科学に基づいた心理学から

“Scientific American” より(写真はNew Delhiのスモッグ)


The Global Warming Wild Card

 

Energy decisions that INDIA makes in the next few years could profoundly affect HOW HOT THE PLANET BECOMES THIS CENTURY.

「今後ほんの数年、インドがどんなエネルギーを選択するかで、今世紀我々の地球がどれだけ熱くなるかが決まる」

 

「アメリカさえよければいい」という私利私欲の塊トランプの頭ではとても考えが及ばない事実が説明されています。

 

「インドが正しい選択をするには先進国からの強力が必須。

代替クリーンエネルギーに移行するには、テクノロジーの開発、それを支える金融支援がいる。

インドは金融面とドイツと多国籍銀行からの協力を得、実は、アメリカともクリーンエネルギーリサーチ開発でパートナーシップを結んでいる。

(トランプがパリ協定への資金援助を絶つことで、ここにも影響が出る)

 

これら援助は加速していかなければ、現在の温暖化のペースに追いつかない。

さもないと、インドは石炭プラントを作り続け、外国からの石油をガブガブ使い続けるだろう。

先進国のリーダー達はインドが正しい選択をするよう、より積極的に助ける必要がある。

 

地球の運命はそこにある。」

 

その協力の場から完全に手を引いたトランプアメリカ。

まるで地球を壊す権利はトランプにあるとばかりに。

 

犯罪行為ですね、人類全体への。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

カナダ 在住。パンデミック後のNew Normal 留学をサポート。変わってしまった留学への強力な準備として UX English主催。[Essay Basics] [Critical Thinking] など。カナダから日本に向けての本格的オンライン留学準備レッスン・カナダクラブ運営。

カテゴリ 「科学に基づいた心理学から」のコラム

”Hope”とは(2019/01/03 05:01)

このコラムに類似したコラム

異様な考えの容疑者が大統領である国・アメリカ 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2017/09/03 08:58)

カナダレポート Jun.3 [地球] 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2017/06/06 03:33)

【PodCast】カナダ・アメリカに来る前に聴く歴史-White Trash(ゴミ白人) 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2020/11/07 11:50)

カナダ高校卒業留学したいですが、人によってアドバイスが違い情報がありすぎで困っています。 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2020/11/06 10:32)

アメリカのWhite Trashを知る - なぜトランプが登場しTrumpismがはびこるか 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2020/11/05 11:10)