離婚給付公正証書作成の基礎、注意点など。  - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

小林行政書士事務所 
北海道
行政書士
0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚給付公正証書作成の基礎、注意点など。 

- good

こんにちは、

 

旭川の行政書士の小林政浩です。

 

週の真ん中。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、公正証書の作成について少しお話ししようと思います。

 

離婚の際に、養育費や財産分与など取り決めた内容を公正証書にする方も多いと思います。

 

この場合、役場に問い合わせする前に離婚協議書をご自身方で完全に作成する必要な必ずしも必要ではありません。

 

箇条書きにでも合意内容をそれぞれ整理して、そのまま役場に持ち込んでも、役場では公正証書の文案を作ってくれます。

手続きに代理人を立てる場合に必要な委任状も、役場の用意してくれます。

 

もちろん、役場から出た文案に疑問や訂正箇所があれば、確認したり指摘して訂正してもらうこともできます。

 

公正証書に記載することが出来ない合意内容をそれでも書面に残しておきたいのであれば、別途協議書を作成して残しておくと良いでしょう。

 

大切な約束。

誤りのないように、後々紛争が起きないように、最後のひと踏ん張りです、気力を振り絞って丁寧に取り組みましょう。

 

今日はこの辺で。(^-^)ノ~~

 

離婚協議書作成、相続人調査、公正証書作成支援

などなど、お気軽にお問い合わせください。

 

旭川、小林行政書士事務所

0166-59-5106

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(北海道 / 行政書士)
小林行政書士事務所 

離婚協議書・内容証明などの書面作成はプロにお任せ下さい。

当事務所では、書面作成の際は必ず依頼者に文面の内容を確認いただきながら書面を完成させます。依頼人不在のまま書面が完成するようなことはありません。依頼人の思いを最大限に込めた最高の文書を作成いたします。書面の作成はプロにお任せ下さい。

0166-59-5106
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。