子ども保険や学資保険に…「子どもの死亡保障」? - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども保険や学資保険に…「子どもの死亡保障」?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

生命保険や損害保険は「ネガティブな事」が起きた時に、保険金というお金を受け取ることができる商品です。なので、将来「ネガティブな事」が起きる前に、生命保険や損害保険を契約して「ネガティブ」に備えます。

 

本来、喜ぶべき「長寿=長生き」すら、「長生き」をリスクと考え、個人年金保険などを「若い時」に契約します。

 

お子様が生まれた時に、お子様の将来の進学に備えて、学資保険や子ども保険の契約を検討する人は多いでしょう。お子様の進学は「ネガティブな事」と思う人は、まず、いませんよね。

学資保険や子ども保険は、保険商品の中でも数少ない「将来の喜び」に備えるための商品ですね。

 

そんな「将来の喜び」に備えるための商品にも。

「お子様に万が一のことがあった場合に、親が保険金を受け取れる」オプションが付いている商品があります。お子様に万が一、つまり「親より子どもが先立つ」ということですが…。

「ネガティブな事」には間違いありませんし、これに勝るネガティブはありませんが、

果たして、親に保険金は必要なのでしょうか?

まして、成人を迎えること無く先立ってしまった子どもなのに…。

 

では、なぜ、「親を受取人とした、子どもの生命保障」というオプションがついているのでしょうか?

 

ちなみに、

子どもに生命保険(=生命保障)を掛けるのは、日本だけのようです。

アメリカでは、とても考えられないことらしいです。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム