これから注目される新エネルギーの風力発電の手引き - 太陽光発電・太陽熱温水器 - 専門家プロファイル

株式会社和上ホールディングス 代表取締役
大阪府
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

松林 宏治
松林 宏治
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これから注目される新エネルギーの風力発電の手引き

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 太陽光発電・太陽熱温水器

新エネルギーとは再生可能エネルギーのことで、代表的なものに太陽光発電と風力発電があります。

風力発電は大規模なものから、20kW程度の小型風力発電などがあり、1kWあたりの単価55円というFITが利用できるので、採算性が年に6%以上の利回りの投資対象になります。

なお、FITは20年間ですが、風力発電の元手を回収できるとされる17年を過ぎれば、利回りはぐんと向上します。

ただし風力発電にはさまざまな申請や許認可を必要としますから、そのあらましをここで紹介します。

 

<目次>

1.風力発電のメリットとデメリット

2.風力発電関連の申請、許認可は意外と複雑

3.風力発電事業の採算性はどうなのか

 

1.風力発電のメリットとデメリット

風力発電は風力を利用する発電方式で、風力のエネルギーは再生可能エネルギーとして認められ、20kW程度の小型風力発電だと、平成28年度では1 kW当たり55円の固定価格買取制度(FIT)が適用されます。

なお20kWを超える大型風力発電の場合のFIT価格は22円です。

小型風力発電は太陽光発電システムと似たような構成ですから、建物の屋上や庭などの空きスペースにも設置が可能です。

風が吹けば、太陽光発電とは異なり、夜でも発電できますから、発電時間は場合によっては1日24時間です。

風力発電のデメリットは、小型大型に関係なく、風邪が吹かないと発電しないことです。

また、吹く風が強すぎると発電機の破損ということもあり、さらにノイズの発生が周辺環境へ悪影響を及ぼすことがあります。

 

2.風力発電関連の申請、許認可は意外と複雑

20kWあるいはそれ以上の風力発電の設置には、さまざまな申請や許認可が原則として必要になります。

それは、立地調査関連と、実施計画に関わるものと、建設工事関連です。

(1)立地調査関連の申請と許認可

自然公園法:都道府県知事と環境省

自然環境保全法:都道府県知事と環境省

砂防法:都道府県知事・土木事業所長と国土交通省

地滑り防止法:都道府県知事・土木事業所長と国土交通省

農地法:都道府県知事と農林水産省(4ha超の場合)

農業振興地域の整備に関する法律:都道府県知事と農林水産省

国土利用計画法:都道府県知事と国土交通省

都市計画法:都道府県知事

景観条例:都道府県知事

森林法:市長村長・都道府県知事と農林水産省林野庁

海岸法:都道府県知事・(土木事務所)・国土交通省

※以上はケースバイケースで必要と不要があります。

(2)実施計画関連の申請と許認可

電気事業法(工事計画届・保安規定届・主任技術者選任届・使用前安全管理審査申請):原子力安全・保安院産業保安監査部と経済産業省

系統連携技術要件ガイドライン(系統連携協議・受給契約):電力会社

※これらに関しては太陽光発電設置でも必要ですが、実務は太陽光発電販売・施工会社が代行してくれます。

(3)建設工事関連の申請と許認可

建築基準法(建築物・工作物の建築確認申請):市町村または都道府県建築主事と国土交通省

道路法(道路占有行為の許可・承認):市町村長・土木事務所・国土交通省

道路交通法(設備と重機運搬の規制・許可):警察署長と内閣府

電磁法(無線設備の機能保護):市町村、海上保安庁、防衛省、NTTと総務省・国土交通省

航空法(航空機の航行の安全・障害防止):国交省航空局

消防法(危険物製造所等設備許可):市町村長または都道府県知事、総務省消防庁

騒音防止法(騒音規制):都道府県知事と環境省

振動規制法(振動規制):都道府県知事と環境省

 

※以上はケースバイケースで必要と不要があります。

 

3.風力発電事業の採算性はどうなのか

風力発電は小規模の20kWとそれ以上の大規模に分けられますが、1kWあたりの費用は約30万円とします。

内訳は発電タービンと電気設備、工事費と系統連係や土地代ですが、屋上などの場合は土地代が不要です。

さて1kWあたりの費用が30万円だと、20kWでは600万円で、これに1kWあたりの運転維持費を月額5000円とすると、年間6万円です。

収入のほうは順調に風が吹いた場合は、1年間で20kW×24時間×365日ですから、175,200kWになり、@55円だと粗々で9,636,000円になります。

割り引いて80%とすると、粗々で7,708,800円です。

これは費用を1kWあたり30万円とした場合で、現実にはこれ以上になると考えられますが、それにしてもかなりの利益が期待できそうです。

なお、ネックになりそうなのが、周辺の住宅などと景観・環境で、申請と許認可周りでかなり時間がかかるようです。

また、住宅の屋上に風車があることは、室内に発電タービンを設置しますから、ノイズについては十分な配慮が必要になるでしょう。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社和上ホールディングス 代表取締役

太陽光発電とオール電化を追及するプロフェッショナル

私たちはオール電化・太陽光発電のご相談、お問合せを全国から頂いており、その数は年間1000件以上にもなります。業界の動向や評判、お悩みのひとつひとつにお答えできる情報を発信し、全てのご家庭、そして地球環境に貢献したいと考えています。

このコラムに類似したコラム

最近「節電」の言葉を聞かなくなったと思いませんか? 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2015/08/10 18:31)

最近よく見かける、地熱発電を重視する意見について 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2014/11/30 17:00)

国内初めてのゼロエネ賃貸住宅が続々誕生 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/10/16 11:00)

太陽光発電システムの発電収益にも保険が登場 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/09/20 17:00)

タウン全体で導入した環境ビジネスで入居者の負担を軽減するビジネスモデル 石橋 大右 - 住宅設備コーディネーター(2017/08/14 16:00)