秋の七草(3)授業に七草を生けてみる - 婚活全般 - 専門家プロファイル

社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師
東京都
マナー講師
080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

秋の七草(3)授業に七草を生けてみる

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般
講習

秋の七草「女郎花」


授業で「女郎花」を生けてみました


女郎花と書いて「おみなえし」と読みます

「おみなめし」とも読んで能の演目にもあります



ついつい授業は脱線してしまうのです





京都の宇佐八幡宮と石清水八幡宮のお話です

ある僧が参詣しようと男山へ向かうと女郎花の花が咲いていた

僧はその花を手折ろうとすると

花守りの老人が現れこれを咎めます

そのことに縁を受け参詣の案内を受けることになります

別れ際に僧は「女郎花と男山の関係」について質問をします

老人は山の麓の男塚と女塚まで僧を案内して

男塚が小野頼風の墓

女塚は都の女(妻)の墓であると説明して姿を消します

僧が二人のために読経すると夫婦の霊が現れます

そこで語られることが「女郎花」の由来です

女はその男の裏切りに対する深い恨みの心から川に身を投げ

それを知った男が女を葬ったところに一本の女郎花が咲いた

男は妻が女郎花になったと思いそばによると花は男を避け 

男が離れるとまたもとにもどる・・・・これを繰り返す

男は女を哀れみ自らの咎ゆえと感じ同じ川に身を投げる

共に葬られることとなったのだが

地獄ではその責め苦に苛まれて続けているという・・・・・

僧はその責め苦を解くべく読経をする


そんな話が「女郎花」にはあるのです

そんなことを思うとこの花の見方も変わりますね

「女郎」は若い女性を示す言葉です

どうも私どもは「遊女」を思い浮かべてしまいますね





萩 すすき 葛 なでしこ おみなえし ふじばかま ききょう


お休みしている能のお稽古 そろそろ再開できるかしらん・・・・







恕学は一般社団法人橘流恕学(jyogaku)アカデミーの商標登録です
橘凛保が考えた学びです


一般社団法人橘流恕学アカデミーでは、マナー研修・茶道・和文化などを通して
「恕」の精神を伝えています
「恕学」とは「自分を受け入れること」「相手を受け入れること」「互いに想いを馳せ合うこと」「相手の身になる」を実践して豊かな人生を送るための学びです



HP http://tachibanaryu.net/
 


























カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マナー講師)
社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師

孔子の教え「恕」の精神を科学で紐解くマナーコーチング講師

単なるマナー講座ではなく、マナーを身につけること、所作や姿勢を変えることで、生き方を変える「マナーコーチング」を実施。自信をもち、人生を生き生きと生きるための「TOCfEコーチング」を実施。悩みをご自身で分析するファシリテーターをつとめます。

080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「講習」のコラム

宮島の頂上にお参り(2017/08/14 15:08)