配偶者控除の103万円より、もっとコワい103万円がある - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

MAC行政書士事務所 代表行政書士
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年06月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

配偶者控除の103万円より、もっとコワい103万円がある

- good

 

「政府税制調査会は9日に総会を開き、税制の議論を再開する。

 

専業主婦やパートの妻がいる世帯主の税負担を軽くする

 

「配偶者控除」の見直しでは、新制度のあり方などを議論する・・・」

 

(毎日新聞9月1日配信)

 

配偶者控除が廃止になる・・かも

 

配偶者控除というのは配偶者(多くの場合は妻)が

 

給与収入で103万円以下の場合38万円の所得控除が

 

受けられるヤツですね。

 

税金が38万円安くなるわけではありません。

残念ながら・・

 

安くなるのは「38万円×税率」です。

 

税率は所得に応じて5%から45%と幅があります。

 

いつものことながらとってもざっくりですが

 

夫の年収500万、妻、子ども2人の計3人を扶養している場合

 

税率10%となります。

 

(ホントにホントにざっくりですよ~w)

 

なので年間の所得税額は3万8千円安くなるという計算

 

住民税の3万3千円と合わせて年間7万1千円

 

ところが

 

扶養しているお子さんが19歳~22歳

 

(専門学校生・大学生のイメージですね)の場合、

 

特定扶養親族といって、扶養控除額63万円となります。

 

配偶者控除の1.5倍以上の控除額

 

お子さんがアルバイトで頑張って

 

年間給与収入が103万円を超えてしまった場合、

 

63万円の扶養控除が受けられなくなります

 

税率同じく10%とすると

 

63万円×10%=6万3

 

住民税も扶養を抜けてしまうので

 

45万円(住民税の扶養控除額)×10%=4万5千円

 

所得税と住民税合わせて10万8千円

 

おまけに配偶者に関しては103万円を超えても

 

配偶者特別控除があり、ちょっとは緩和されますが

 

扶養控除はなし

 

「ウチの子、夏休み頑張ってバイトしてたなぁ」という方、

 

頭の片隅にちょっと入れておいてくださいね

 

いきなりだとびっくりします

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

結婚生活で悩みがあったら・・・夫婦カウンセラー 藤原 文 は

夫婦間でおきたあなたの不安を解消するお手伝いをいたします。

悩みが大きくなって「離婚」の文字が頭をよぎってしまったら・・

夫婦カウンセラー 藤原 文 

あなたのそんな苦しみを精神的サポートに加え、

行政書士として法律面からのアドバイス、

ファイナンシャルプランナーとして経済面からのアドバイスで

サポートいたします。

あなたの笑顔が一日でも早く戻りますように。

ご連絡はこちらまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士)
MAC行政書士事務所 代表行政書士

法律面・精神面・経済面の3つの視点からあなたをサポート

行政書士・夫婦カウンセラー・家族法務カウンセラー・現役塾講師として特に離婚の際のカウンセリング・公正証書の作成を通じ、法律面・精神面・経済面から多角的に「女性の自立・子育て・笑顔」をサポートしています。