最近、若年層からの老後資金準備のご相談のご依頼が増えています【その1】 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルアドバイザー)
山本 俊成
山本 俊成
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2019年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

最近、若年層からの老後資金準備のご相談のご依頼が増えています【その1】

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
生命保険 生命保険

今年は若年層(30歳代後半から50歳代前半)からの、老後資金準備のご相談のご依頼が増えています。
主に、「お勤めの方」からのご相談です。

お勤めの方ですから、厚生年金保険はもちろん、企業年金などの制度もある方もいらっしゃるのですが、
それでも「自分でも、老後資金の準備をしておきたい」と仰っています。

中には、子育ての真っ最中という方もおります。
「子どもが高等学校や大学に進学すれば、教育費にお金が掛かる。
だから、子どもが小さいうちから、少しずつ(少額から)、老後資金の準備を始めておきたい」と仰っています。

老後資金の準備は、やはり、時間が味方です。
「子育てを終えてから老後資金の準備を始める」のではなく、
先述の方のように「子育てと並行して、少しずつ(少額から)、老後の資金準備を行う」方が、
効果的ですし、選択の幅も広がります。

では、「少しずつ、老後の資金準備を行う」には、どのようにしたら良いのでしょうか?
(続きは次回)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

このコラムに類似したコラム

【老後資金2,000万円問題を考える本】リタイア後はどこに住む? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2019/06/19 11:00)

老後2千万円必要は本当か 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2019/06/10 17:24)

「企業年金も苦戦した2018年!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2019/01/17 16:22)

老後に不安を感じるあなたへ…老後資金はどのくらい必要? 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2018/08/19 02:04)

『定年後も働きたい』8割 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2018/07/25 11:24)