運河の風に吹かれて - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上 春奈
村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

青木 恵美子
青木 恵美子
(建築家)
松下 進
(インテリアコーディネーター)
戸澤 寿史
(インテリアデザイナー)

閲覧数順 2021年06月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運河の風に吹かれて

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
月島の屋形船
月島の屋形船の厨房の奥は、一面に琉球畳を敷き詰めた、モダンな感じもする茶の間です。
畳の先は運河で、この先にはレインボーブリッジがあり、東京湾の花火も正面によく見える本当に贅沢な部屋です。

ここで風に吹かれながら食事をしていると、屋形船に乗っているよう。食事の時はクライアントが古道具屋で仕入れてきたちゃぶ台を出し、寝る時は運河の流れに沿って布団を川の字に敷き、家族揃って眠りにつきます。

改装前はバルコニーの手摺が邪魔して、あまり運河が見えなかったのですが、床のレベルを25センチほど高く上げたため、目線が上がって運河がよく見えるようになり、水の気配を感じられるようになりました。運河には屋形船が通ったり、カモメやサギが飛んでいたり、なんとエイが泳いでいる時もあります。黒竹の格子がついた腰高窓の下、周囲についている木桟は、将来、座卓を設置して書斎として使えるようにしてあります。

右の写真の正面に見えるのは、テレビ収納を兼ねた押入れです。左側の扉2枚の中には布団、窓側の扉の中にはテレビや関連機器が入っています。テレビを見るときは右側の扉を開けるのですが、開けっ放しで見ていても扉は邪魔にならず、見ていないときはテレビの存在を消せるので空間がすっきりします。また、押入れの上下を抜いているため、空間に広がりが生まれ、圧迫感を感じさせません。

村上建築設計室