若年齢で不妊? 染色体と身体のコンディション - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

若年齢で不妊? 染色体と身体のコンディション

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病
鍼灸治療 産科 婦人科 不妊治療 鍼灸

染色体と身体のコンディション


表をご覧ください。

高齢になるほど、身体作りが大切だということを表現します。

妊娠に必要なことは「運よくいい卵子に出会うこと」だと言えます。病院の先生もわかり易く「いい卵子が出てくるのを待つ」という表現を使われます。

染色体異常率は四〇歳ですと40%程度と言われています。四三歳だと80%超と言われるように急激に上がっていくのです。

表の左は40%の染色体異常の可能性の例です。
五回に二回は「染色体異常でない」卵子が出てきます。

出来るだけ、染色体の○が多い時に避妊せず、妊娠するといい。または採卵するといいと言えます。
つまり少しでも実年齢が若い時と言えます。


しかしながら、その理論ではまだ十分な結果が出ないと言えます。


表の右の身体のコンディションが整っていない場合、
妊娠出産に至る染色体の異常でない卵子が偶然でてきても
妊娠できません。

お伝えしたいのは

染色体原因は高齢になると増えるが
身体のコンディションは年齢と関係ない 

ということです。

若年齢で体外受精をしていて授からないのは、コンディションの問題と言えるのではないでしょうか。

卵子の質という部分で「染色体」とは関係なく、体のコンディションを
整える際に、「卵子のパワー」もつける方法も必要不可欠です。

ホルモンバランス栄養治療法どれかがずれていませんか?

あなた自身にあうことを探し出せば、
あとは日々コツコツと続けるだけです。

治療法を探してみてください。
いまの治療があっていますか?



sekimura鍼灸院

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鍼灸マッサージ師)
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師

次こそは妊娠したい!赤ちゃんを授かる身体になる為に

赤ちゃんを望む女性の為、西洋医学の治療をして、それでも授からない女性の為に女性治療師7名とともに鍼灸治療を頑張っています。生理痛も鎮痛剤で我慢を続けていると将来の不妊の原因に。ぜひ一度お越し下さい!

カテゴリ 「鍼灸治療 産科 婦人科」のコラム

ヨガの本のご紹介(2016/01/29 10:01)

初日の出(2016/01/01 11:01)

今日が年内最後の鍼(2015/12/29 10:12)