保険の見直し(9)生命保険の正しい入り方(山下FP企画・西宮) - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

山下 幸子
独立系FP事務所山下FP企画 代表・株)エイム西宮オフィス代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直し(9)生命保険の正しい入り方(山下FP企画・西宮)

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
100万円トクする生命保険の見直し 生命保険

 

死亡した際に給付金が支払われる生命保険の正しい入り方を、まとめてみました。

 

①必要な保障額を算出し、
不足する分だけを保険でカバーしましょう。

 

②住宅ローンを組んで
団体生命信用保険に加入している人は、
必要保障額に住宅ローン返済分を
含める必要はありません。

 過不足なく、保障金額を見直しましょう。

 

③タバコを吸わない人や健康体の人は、
商品によっては保険料の割引が受けられる場合があります。 

該当する人は、それらも選択肢に入れて検討しましょう。

 

④保険の見直しは、若い時ほど有利。

後から何度も見直しをすると、コストアップにつながります。

若くて健康なうちに、適切な保険に加入しておきましょう。

 

⑤ライフステージの変化に応じて、
増額・減額・解約がしやすい商品を選びましょう。

 妻の保険も夫の保険の特約ではなく、
独立した商品に加入しましょう。

 夫の保険が消滅しても
影響を受けないようにするためです。

 

⑥入りっぱなしはNG。

 子供の誕生や独立、
マイホーム購入、
定年退職など、ラ
イフステージの変化に応じて、
保障の内容を見直しましょう。