「卵質を変えるセルフメンテナンスメソッド」と鍼灸 その1 - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

関村 順一
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年07月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「卵質を変えるセルフメンテナンスメソッド」と鍼灸 その1

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病
鍼灸治療 産科 婦人科 不妊治療 鍼灸


「卵質を変えるセルフメンテナンスメソッド
また、その方法とともに鍼灸をどう有効に不妊治療に活用するのか」を10回に分けてお話します。



鍼灸や食養の特徴は予防医学です。
対症療法ではなく、すこし先を見据えて身体をどうメンテナンスし、悪いところを治して行くのかを考える医学です。
ですから、安産を目指すことを目標として、身体づくりをなさることをお願いしたいと思います。


まず緑のグラフが2014年の妊娠実績と年齢分布です。
227名の方が1年間で当院で妊娠されています。




下のグラフが2013年に妊娠された患者様の年齢分布です。
225人の方が妊娠されています。






鍼灸と食事療法の組み合わせが30代後半になってからの妊娠に結びつく最大の特徴です。
若い時と違い、自然治癒力は衰えて行きます。
身体の組み立てなおしを考えなければいけない年齢なのです。


体外受精を何回していたなどの個別データを細かくは調べられていませんが、
sekimura鍼灸院では妊娠される方は鍼灸院通院後、4ヶ月から1年の方が多いです。
患者様の鍼灸院に来院されるきっかけはほぼ共通しています。
西洋医学で不妊治療を続けてきたけれど成功しなかったというものです。


まず自然でタイミングをもたれて月日が経ち、妊娠しない事で病院を訪ねられます。そこで一般不妊検査、特殊不妊検査をして、タイミング指導を受けたり、人工授精をされたり、若しくは体外受精をなさるというステップをふまれます。

結果がかんばしくないという事で、ステップアップし、それでも成功せず、医師から「卵子の質が悪いからだ」と言われ、もしかしたら自分の身体がいけないのではと思われて、そこで初めて自分の身体に目を向けていかれるのです。