成”幸”学の専門家「迷った時は、困難に満ちを選ぶ」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「迷った時は、困難に満ちを選ぶ」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般


『迷った時は困難な道を選ぶ』




今日は、現京都市長、

門川大作氏の言葉をご紹介したいと思います。



門川氏が社会人としての第一歩を踏み出したのは

京都市教育委員会でした。



高卒就職として全国で初めて

教育委員会の教育長にまで上り詰め

現在は京都市長という重職を担っています。



その門川氏が若き日から心掛けてきた


「人生の鉄則」とは・・。


いくら懸命に仕事に取り組んでいても

思うようにいかない時は必ずあります。



けれどもめげることなく、

真っ向から打ち込んでいれば、


後からその困難のおかげで

今があると思える時が必ず来ます。



そう思える悔いのない仕事を積み重ねていくためにも、

私が鉄則にしてきたのは


「迷った時は困難な道を選ぼう」ということでした。



仕事ではもちろん合理的な判断が必要です。


しかし、とことん検討しても結論が出ない時には、



物理的にしんどいほう、

体がしんどいほうを

選ぶべきだというのは、

私の体験から確信しています。



20代の頃、


夜中にようやく仕事を終えて帰宅しようとしているところへ、

校長先生が相談に見えることもしばしばでした。



そういう時には、いくら疲れていても日を改めることなく、

再びデスクへ戻って相談に応じます。



熱中し、気がつけば夜が明けているのがたびたびです。



夜中に生徒が何らかの問題を起こした場合、


これからすぐ全員で一斉に家庭訪問をするべきか、

それともこんな夜中に家庭訪問をしたら批判が出るから


明日にしようか、どちらにすべきか迷う時があります。



そして、どうしても判断のつきかねる時には

体のしんどいほう、


つまり、その晩のうちに家庭訪問をしておいたほうが

状況は必ずよい方向に向かったものです。



困難な道を選んで失敗したら、

それは「教訓」になります。



しかし、楽なほうを選んで失敗したら、

「後悔」しか残りません。



これまで仕事に打ち込んできて得た

この教訓を次の時代を担う方々に贈りたいと思います。



(門川大作)


門川氏の言葉は、いかがでしょうか?



私たちはついつい楽な道を選びたいものです。


しかし、楽な道では自己成長は望めません。



困難な道を歩むことで私たちは成長できるのです。



その道を歩んで得たものが人生の財産となるのです。



ですから、どちらの道を選ぶかで迷ったなら


困難な道を選択し


「これが私を成長させてくれる道」と自分自身に語り掛けましょう。



「言葉はちから」です。


口にした言葉が「困難な道」を歩む勇気を与えてくれるでしょう。



「困難な道」を歩む後押しとなるでしょう。



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて、


明るく、元気に


困難な道を選び、


ウキウキ、ワクワク、成長を楽しみましょう。



大丈夫!大丈夫!


あらゆる点で一層良くなる!


必ず良くなる!


良かった!良かった!


ツイてる!ツイてる!


ありがとう!


素晴らしい仲間達と


共に生き!!


共に歩み!!


共に成長しましょう!!


--------------------------------------


-----------------------------------------

【日本消費電力削減協会】

   http://jepsa.org/

【エアエコ加盟店募集】

   http://aireco.jp/agent/

【飲食店コンサルティング】

   http://haruki-s.com

【講演依頼】

   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/

【電話相談依頼】

   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/

【対面相談依頼】

   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/























































 |  コラム一覧 |