成”幸”学の専門家「失敗こそ人生の宝」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「失敗こそ人生の宝」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般

『失敗こそ人生の宝』



「勝つことばかり知って、


負くることを知らざれば、


害その身に至る」


これは徳川家康の言葉です。



260年以上もの間、

天下を収めた徳川幕府をつくった

家康の生涯戦績は73勝56敗でした。



あの徳川家康でさえ、

56回も負けていたのです。



家康は、

その負けの大切さを知っていたからこそ、

最終的には天下を取ることができたのかも知れません。



「勝ちに不思議の勝ちあり、

負けに不思議の負けなし」



これは、

肥前の国(現在の佐賀県辺り)、

平戸藩の第9代藩主、松浦静山(せいざん)の言葉です。



負けるときには何の理由もなく負けるわけではなく、

その戦いの中に何か負ける要素があったからで。



勝ったときでも、

何か負けにつながる要素があったはずである。


というような意味です。



試合でも、ビジネスでの競争でも勝つためには


「負ける要素が何だったか」


「どうしたらその要素を消せるか」を

考える必要があります。



そして、勝ち試合であっても、

その中には、負けにつながることを

犯している可能性があり、



たとえ試合に勝ったからと言って、

その犯したことを見過ごしてはならない、

と言っているのです。



イチロー選手は、こんなことを言っています。



「負けるという経験から学ぶことが、

とても大切なことです」



プロ野球で3割打つとスター選手になりますが、


その打率3割は、

7割の失敗があるからこそ達成できたわけです。



まさに、

勝利は敗北の上に成り立っていることになります。



ですから、

その敗北は勝利にたどり着く為の一歩なのです。



負けたことの大切さが理解できます。



決して、

「負けたこと」が人生の失敗にはなり得ません。



負けたことで

「諦めたこと」が失敗へと導くのです。



成功者とは失敗から多くを学んだ人たちであり、

挫折から立ち直った人たちなのです。



『失敗こそ人生の宝』


この言葉を胸に刻んでおきましょう。



だから失敗したら、


「良かった!」


「また一つ学べた」


「もう二度とこの失敗は繰り返さない」と


声に出して自分自身に誓いましょう。



「言葉はちから」です。



その誓った言葉が

「失敗を宝」へと変えるでしょう。



さあ!!、今日も、


「言葉のちから」を信じて


明るく、元気に、


失敗を諦めずに、


ウキウキ、ワクワク、

多くの失敗から学びましょう。



大丈夫!大丈夫!



あらゆる点で一層良くなる!



必ず良くなる!



良かった!良かった!



ツイてる!ツイてる!



ありがとう!



素晴らしい仲間達と



共に生き!!



共に歩み!!


共に成長しましょう!!


























   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/

【対面相談依頼】

   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/

【電話相談依頼】

   http://profile.ne.jp/pf/haruki-sugiyama/

【講演依頼】

   http://haruki-s.com

【飲食店コンサルティング】

   http://aireco.jp/agent/

【エアエコ加盟店募集】

   http://jepsa.org/

【日本消費電力削減協会】

-----------------------------------------


------------------------------------------




















































 |  コラム一覧 |