腑に落ちるしくみ - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2017年11月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

腑に落ちるしくみ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
最近のアメリカの研究によると、脳だけじゃなくて、心臓や腸にも知的な働きをする細胞があるそうです。満員電車に乗ると心臓がドキドキしたり、お腹の調子が悪くなったりする人がいますが、身体が何かを考えて主張しているのでしょうか?

コーチングでもよく『体の感覚』に目を向けます。ある話題になると、体勢や話し方が変わるということがよくあります。嫌な上司の話をしている時には、顔が険しくなったり、大好きな犬の話をしている時には、目が大きくなったりとか。

そして面白いことに、身体がどう変化しているのかは、話している本人にはなかなかわかりません。自分の表情は、自分では見えません。

私は昔、「やりたい、やりたい」と思っていた仕事があって、それをコーチに話したことがありました。どうやってそこにたどり着けるかをテーマにしようとしました。ところが、その時にコーチから指摘されたひとことで、その後の展開は思わぬ方向に…。

自分でもびっくりしたその指摘とは、

でも、足が動いていないよ

はい、振り返ってみると、確かに私は本気でその仕事をやりたいとは思っていませんでした。表情も声も身体も反応しませんでした。「やることが当然」という勝手な思い込み(または刷り込み?)が頭の中にあって、「やりたい」ではなくて、「やらねば」と思っていたようです。

不思議なことに、頭でだけ考えて実行しようとしても、身体は思うようには動いてくれません。頭と身体が一致していない状態です。身体にも知性があるなら、そのメッセージも聞いたほうがよさそうです。

そうやって論理的な左脳君と、感覚的な右脳ちゃんが協働作業してくれると、どこかに文字通り『腑に落ちる』スイートスポットがみつかり、そうなると割とスムーズに次の一歩が踏み出せる(またはやめられる)ように思います。
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

感情という魔法の力を使いこなそう☆ Yuriel - 恋愛アドバイザー(2012/10/18 05:53)

あなたの目先 鈴木 安子 - 研修講師(2011/10/10 21:28)

困難の中で、気づいたら自信を手に入れていた コーチたか♪ - パーソナルコーチ(2010/11/22 21:17)

自分自身への質問 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/03/26 16:17)

知識は大事。知識を引き出す知恵はもっと大事。 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/11/25 16:29)