腹式呼吸をして、そして歌唱しましょう。 - ボーカルレッスン - 専門家プロファイル

SMDボーカル教室 川口本校 代表取締役
埼玉県
音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー
0120-9482-88
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ボーカルレッスン

うえむらかをる
うえむらかをる
(音楽家)
田中 真由美
田中 真由美
(英語発音スペシャリスト)
本山nackeyナオト
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
うえむらかをる
(音楽家)
本山nackeyナオト
(音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

腹式呼吸をして、そして歌唱しましょう。

- good

  1. 趣味・教養
  2. ボーカルレッスン
  3. ボーカルレッスン

おはようございます~


本山です。



今日は突然ですがザリガニの話をします。



僕の世代の方でしたら誰でも

少年の頃「ザリガニ」を捕った思い出があると思います。



僕が少年だった70、80年代は都心でも

泥沼の地帯がありまして

ザリガニを捕まえては飼っていました。




泥沼の中に捕まえた「ザリガニ」の尾っぽを糸にくくりつけて

捕まえてましたよね。



たまにサキイカでやったりすると面白い程捕れました。



その辺の「溝」でも生息していたたくましいザリガニたち



今は食材としても買う方がいますが

当時は食べるという発想はなかったな~



マッカチンとかいって(知ってる?)


そうあのザリガニです。



たくさんのザリガニをバケツに入れておくと、

ある1匹の勇敢なザリガニが、バケツを這いあがって

逃げようとします。



そのザリガニは、脱走して自由の身になろうという

行動を思いついて実行したわけです。



すると面白いことが起こります。




そのザリガニがバケツをよじ登り、

あとちょっとで出られるというところで、

下にいたザリガニがこぞって、

そのザリガニの足を引っぱり連れ戻そうとするのです。




だからそのザリガニはバケツから

出ることはできません。








=================================

■ 「無料でレクチャーしていいの?」

との声いただいております^^


「いいんです!」










=================================






この話のザリガニを「人間」に

置き換えてみましょう。







よくある、お話の出来上がりです。




人間は、人を分類してきめつける傾向にあります。

人間は、グループ化してつるむのが大好きです。




「つるむ」のは私も大好きですし

仲間にいつも助けられて感謝してます。

尊敬する仲間といると

自己の能力のスキルアップを切磋琢磨して磨きあえます。

なにげない「一言」から「気付き」をもらえます。







でも「つるむ」相手を選ぶべきなのです。

能力や意識の低い方と「つるむ」とあなたもそうなります。



楽ができるし、甘やかし、傷をなめ合い

「みんなといると」安心するのです。









「新しい行動を思いついて実行」という

アイデアや野心を持った者が現れます。






「やばいぞ」と、警報装置が作動します。

けたたましいサイレンの音が鳴り響きます。






「こいつは何をはじめようとしているのか?」


「この仲間から逃げ出すつもりなのか?」


「ボイストレーニングなんかを急に始めて、ヤツはどうしちゃったのかな?」


「あなたはいったい何をしているの?まさかプロ歌手になれるとでも思っているの?」


「何故、歌なんてお金をかけて習うの? 矢沢にでもなろうとしているのか」


「おや、君がギターを習おうとするなんて。何があったのかな? どうせ三日坊主なのに」


「わたしも辞めるからあなたもいっしょに辞めましょう」



等々・・・。





このような、ネガティブな意見や後ろめたさを感じさせ、

羞恥心を煽る発言に出会うのは、

ボイストレーニングや音楽活動の領域だけではありません。






それは人生のあらゆる局面で直面します。






残念ながら、あなたをバケツの中に連れ戻そうとする

「ザリガニ」はいつでも存在します。





ですが、嬉しいお知らせがあります。

あなたはザリガニではありません!






僕が生徒さんに助言していることの一つが、

批判された時やスランプへの対応方法です。







新しいステージや何かする事ついて

非難めいた口調で言われた時は、

それを無視するか、または「感謝しましょう」。










冗談を言っているのではありません。






もし不快な内容のメールを受け取ったら、喜んで下さい!

僕もそうしてます!


「やった!また歌がうまくなる!」

「やった!志の低い人と躊躇なく別れられる!」

「いい作詞の材料になる!」





腹式呼吸をして、そして歌唱しましょう。






そうすると、「気分が良くなる」だけでなく、

バケツの外へ見事脱出したことにもなるのです。





僕を信じてぜひやってみて下さい。




このようなマインドで腹式呼吸を数回してから歌ううちに、


その後、どんな嫌なことや差別やあっても

羞恥心を煽るような発言に直面しても、

腹式呼吸でUPする必要さえなくなるでしょう。








あなたは歌うだけですぐに気分が回復するはずです。



なぜなら、あなたの体の全細胞が、

攻撃を感謝の気持ちで跳ね返すように

腹式呼吸をすることでプログラミングされたからです。




本当に面白いです。






人は「意識」よって全て決定します。



失敗も成功も自由自在なのです。







ある事でうまくいったら、それを広げて、

他の新しい武器を準備しましょう。






僕の生徒さんでしたら

「歌唱力」がついたら楽器を習ったり

強力なBANDを組んだり。。



または僕が発想出来ない位

すごい何かを武器にする。。








その方法は無限大です。








「夢をもつあなたを全力でバックアップする。。」


僕が人生をかけて実践していることです。








と、僕もこんなブログをかいてますから

一部の人から批判されることがあります。








だからと言って、「本山はこうあるべきだ」という方々の

狭い考えに、僕が縛られることは決してありません。






今日はここまでにしておきます。

いつか最高の結果を一緒に出そうぜ!











 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー)
SMDボーカル教室 川口本校 代表取締役

プロボーカリスト養成25年の実績と信頼

プロボーカリスト、音楽プロデューサーボイストレーナー。音楽専門学校講師。ハードロックからアニソン、R&B、歌謡曲、幅広いジャンルに精通し数多くのボーカリストを養成。ボーカリストをディレクション。

0120-9482-88
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。