キャリアとコーチング - コーチング全般 - 専門家プロファイル

星 和美
グレータープレゼンス 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キャリアとコーチング

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

一般的にキャリアがコーチングのテーマになるケースはよくあります。エグゼクティブ・コーチングもそのひとつですね。トピックはさまざまで、パフォーマンスをあげたい、ワークライフバランスを考えたい、キャリアパスを考えたい等、回を重ねるごとに違うこともあります。

外的キャリア・内的キャリア

キャリアというものを大別すると、外から見てもわかりやすい(外的キャリア)とそうでないもの(内的キャリア)があります。

外的キャリア=職位、収入、職歴、
内的キャリア=やりがい、興味、働くことの意味、価値観


コーチングが特に力を入れて取り扱うのが、内的キャリアです。外的キャリアは内的キャリアの周りをくるんでいくようなものに見えます。(これは自分自身の個人的な経験でもある)

飽きないことは何?

外的キャリアはある意味、成果や結果として目に見えるものですが、変動しやすく、維持するのが難しくものでもあります。災害だとかの外的要因で壊れやすいのも特徴です。内的キャリアは手直しをしながら、生涯持ち続けることも可能です。やっていて、わくわくすること、自分の価値観がみたされること、内側から力がわいてくるもの。(なぜわくわくするのか、説明できなくても大丈夫です。あとからわかることもありますから)

外的キャリアと内的キャリアにギャップがあることに、違和感が感じられることもあります。何かが犠牲にされているのかもしれません。職位のために見ないよ うにしているものは何かあるか。収入のために我慢しているものがあるか。あるいはステータスのために居心地が悪くしているものは何か。

本来望むものは、今、自分の中にすでにある、またはどんなものなのかヒントを持っているはず、と考えて、その声に耳を傾けていくことは、まずはじめにでき ること。はっきりと言語化されてないものも含めて、たな卸ししていくと、自分の進む方向が見えてくることがよくあります。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

キャリアとコーチング2 星 和美 - パーソナルコーチ(2014/08/23 01:13)

江戸東京博物館で学んだこと 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/08/16 07:00)

相手を変えたい!そんな時は? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/24 06:00)

成功への第一歩:目標設定で富の蓄積を加速させる 凰美ニルヴァーナ洋子 - パーソナルコーチ(2013/11/24 11:29)

はじめまして! 市岡 久典 - 心理カウンセラー(2010/05/27 16:26)