時間の概念とドラえもん - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時間の概念とドラえもん

- good

徒然日記
昨日、子供達を連れてドラえもんの映画を観に行ってきました。

昔、マンガで読んだことのある内容であっても、ウルウルしてしまうのは自分と重ね合わせる部分があるからでしょうか。

チラチラと映画を観る子供達の横顔を見ていたら、成長していくのび太のように、自分も大人になったんだなぁ…と実感します。



ドラえもんと言えば、様々な秘密道具がありますが、特に重要なのがタイムマシンでしょう。

これが無ければ、ドラえもんのストーリー自体が成り立ちません。

人間は、このタイムマシンというものに憧れを持ち、様々な映画や物語が創作されていきました。

ですが、私は数ある秘密道具の中でも、このタイムマシンだけは完成することのない代物だと思っています。



何故なら、「時」は本来無いものだからです。

「時間」の概念は人間が作り出したものであり、元々は無いものなのです。

例えば、地球は一日に一回転します。

その地球が自転を続けながら太陽の周りを一周したら一年になります。



これは時間が移り変わったのではなく、ただ場所が変わったということだけです。

別の言い方をすれば、変化しているということになります。

全てのものは変化を続けているだけなのです。



赤ちゃんとして母体から出てきた時、この世に生を受けたということにしておくとしましょう。

小さい頃は、その変化を喜んでいるけれど、年齢を重ねてシワが増えていくにつれて変化を嫌うようになります。

どちらも同じ変化であるということに変わりないのに、今現状のまま変化したくないことに執着することで苦悩が生まれてきます。



もう一度言いますが、全てのものは変化していっているのです。

この世に固定したものは何一つありません。

ところが人間は、自分で作り出した時間などの概念に縛られるのです。



「現状を変えられるわけがない。」

「自分の性格なんて変えられない。」



固着したものが何一つ無いのだから、変えられないものなんて無いのです。

そう言うと、

「いや、過去は変えられないでしょう?」

という言い方をされることもあります。



時間という概念が無いのだから、過去というものも本来は無いのです。

ただ自分の記憶の中にあるだけです。

故に、過去の出来事は変えられなくとも、受け止め方はいくらでも変えることが出来ます。

いつ変えられるのかと言えば「今」しか無いわけですね。



過去を悔いているのも「今」であって、「今」の積み重ねが「未来」になっていきます。

だからこそ、幸せになりたいと願うのであれば、「今」を変えていくしかないわけです。



将来を幸せにしたいがために、開運グッズを購入したり、パワースポット巡りをするわけですが…。

その行動自体が未来を不幸にしていると気付いていないのです。

何故なら、現状に不満があるから、そういうことをするわけですね。

現状に不満がある現状の積み重ねが未来に続いていくのだから、未来でもずっと開運グッズなどに頼っている姿が続きます。



でも、それは自分自身が願ってやっていることなのだから、全ての願いが叶えられているのですね。

「幸せになりたい」という願いの奥底にあるのは現状への不満です。

どんな願いでも叶う世の中ですから、素直な宇宙があなたの願いを叶えてくれているわけです。



ほら、全ての願いは叶っているでしょう?

有り難いことですね。



ただ、「幸せになりたい」というのは、全ての生きものに共通する願いです。

じゃあ、どうしたら良いかと言えば…。

世の中の道理を学んで、実践していけばいいのです。



世の中の道理って何?って言えば、先にお伝えした全ては変化しているということで、時間なんて無いんだよ…ということでもあります。

ですが、今まで時間があると思って、時間に追われて生活しているわけですから、時間が無いなどと言われても分からないわけです。

社会生活をする以上、時間という概念はあった方が便利です。

ただ、それに縛られてしまっては何にもなりません。

有ると言えば有るけれど、無いと言えば無いのです。



よく前世や死後の世界のことを知りたがる人がいます。

でも生きているのは今なんです。

「生きる」ということも何だか分かっていないのに、「死ぬ」ということが何なのか分かるのでしょうか?



まずは「今を一生懸命に生きる」ことこそが大切なのだと思います。

それが未来へと繋がることでもあります。

すでに存在しない「過去」を悔いたり、まだ来てもいない「未来」を不安に思うのではなく、「現在」に感謝し、今をより良くしようと思いながら実践していけばいいのです。



ドラえもんの世界でもそうでしょう?

「今」を変えれば「未来」も変わる。

幸せな世界を築けるかどうかは、全て今の自分にかかっているのです。



今の自分自身がタイムマシンでもある…ということですね(^_-)-☆



※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪