病気は誰が治すのか? - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

患者の9割がリピーターになる!

共感問診力アップメディカルコーチの下枝三知与です。



新緑に癒される、気持ちの良い日々が続いていますね~!(^^)!

皆さんいかがお過ごしですか?



昨日は私が所属している協会の理事会でしたので、理事の一人として参加し、メンバーと貴重な意見交換できました。


そのあと、懇親会でイタリアンレストランへ。


いろいろな話題で盛り上がる中、医療現場の話になって・・・


となりに座っていた理事の男性曰く、



「誰でもいつか病気にかかる。その時に出会うドクターである意味運命が変わるかもしれない」


「病気は誰が治すのか? ほとんどの人はドクターが治すと思っているがそうではない」


「ドクターは専門知識をもって治療法を考え提案する。そして治療の方針を伝える。どの治療を受けるのか決めるのは患者本人である」


「だから、患者もドクター任せはだめ。自分の身体をよ~く見つめ、自分の体質を知っておくべき。ドクターは個別に患者の身体の特性を把握するのは無理」


「つまり、病気を治すのは患者本人である!!」



そうです!そうです! その通りです!



ドクターは患者の治りたいという思いをきちんと受け止め、それに向かってできる限りの治療法の提案をし、患者側も自分の意思をきっちり伝える。


そうしてともに病と闘うのです。



その為には、病気を治す側と治してもらう側、どちらも双方向でのコミュニケーションが重要です。



私が現在病院や歯科医院のドクター・看護師・受付職員に向けて行っている活動が「患者の9割がリピーターになる!共感問診力アップメディカルコーチ」です。


問診力に特化していること

・課題点解決方法を「コーチング+コンサルティング+実習」で確実に身につけてもらえる

コーチ、カウンセラー、研修講師の実績と経験を持つ私である


以上の3つの特長を生かしたこのプログラムを、是非お試しください。


   詳細はこちら →  http://cst-team.com


「共感問診力アップメディカルコーチ」で検索してください。