ステンレスのインターフォンカバー - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

松永 隆文
Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
(建築家)
安藤 美樹
(建築家)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ステンレスのインターフォンカバー

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ホワイトベース
インターフォンは、必ず必要なものです。
最近のインターフォンの機能は、すごい!
録画機能は、特にいい。インターフォンが押されるだけで自動に録画。
留守中に、誰が来たのかが、録画の再生で一目瞭然。

しかし、デザイン的には・・・・・あまりかっこよくない・・・・・
せっかくの玄関のデザインが、インターフォンで台無し。

そこで、よく採用するのが、ステンレスの平板を曲げ、インターフォンのカメラとマイク、押しボタン部に穴を開け、インターフォンの本体を隠してしまう。

もう一つ玄関に必要なポストを、このステンレスのインターフォンに合わせ、一体的に見せ、壁に埋め込む。

そうすることで、デザイン性を高めています。

ホワイトベースは、既製品のポストを利用し、ローコストで、インターフォンとポストを組み合わせ、ホワイトベースの玄関デザインにあう様、デザインしました。