なぜ30歳を過ぎ、家族を連れオーストラリアへ留学をしたのか?Part I - 英語全般 - 専門家プロファイル

Language School ~航~ 代表
東京都
英語講師
03-3590-5056
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

なぜ30歳を過ぎ、家族を連れオーストラリアへ留学をしたのか?Part I

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語全般

前回のブログは


『英語学習の過程の中で

30歳を超えるころ

家族を連れ留学する
決意をしました。』

で終わりましたが


今回は

それではなぜ30歳を超えるころ

家族を連れ留学する
決意をしたのか?

について書いていこうと思います...




実は当時予備校で多くの生徒に教えていたのですが、

いくつか悩みというか気がかりなことがあったのです。


まず一つ

英語に対する直接経験がないあるいは乏しいのに

このまま偉そうに英語を語っていいものか?


ということです。


僕の場合は英文を読んだり聞いたりするだけではなく、

子供の学校の関係、

英語のネイティヴスピーカーとの付き合いはありましたが、

それでも英語が飛び交う文化に

直接触れたことがあるわけではなかったので

負い目とは言いませんが引け目を感じていました。

僕のオーストラリア人の友人たちが

よく彼らの英語のネイティヴスピーカーの友人を

紹介してくれました。


僕の友人はいつも自信を持って

『航は英語の先生なんだ』と紹介するわけです。

その度、僕としては少し(いや、かなり!)気恥ずかしく、

『もっと英語がんばらないとなぁ』と思っていました。

そのおかげもあってある程度

自分の意思を伝えることと

相手の言うことを理解すること

に困るということはなく
なってきました。


そのため却って

日本と文化・生活も異なる英語圏で

自分の力が直接通じるか


を確認したくなってきたのです。

力を試したいというのが

留学へのなぜ?につながるのですが

力を試したいという間は

まだ自信がないことの現れではないのか?

という問いも生まれました。

つまり

この直接経験に基づく『力試し』なしに

英語を教え続けていいのだろうか?


というのが1つ目の懸念だったのです。


2つ目は...

To be continued...










 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 英語講師)
Language School ~航~ 代表

先にある本来の目的に向かっていける力とやる気を引き出します!

Language School ~航~には下は6歳から上は84歳まで様々な生徒が通っています。一見ばらばらに見えるものも、実はつながり合っています。言語を通してそのつながりをさらにすばらしいものにできるように、皆様のご要望に応えていきたいと思っています。

03-3590-5056
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

オーストラリア留学 自分自身の経験 中山 航 - 英語講師(2014/02/25 20:06)

Critical Thinking の重要なステップ - # 6 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/04/16 16:57)

Critical Thinking の重要なステップ - # 4 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/04/13 00:12)

やってはいけない英語勉強法ランキング 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/04/11 13:30)