感染源の100%除去は困難・・ - 一般歯科・歯の治療全般 - 専門家プロファイル

片平 信弘
院長
東京都
歯科医師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

感染源の100%除去は困難・・

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 一般歯科・歯の治療全般

[虎ノ門] ブログ村キーワード



片平歯科医院虎ノ門”インプラント・矯正センターの片平です。


毎日多くの患者さんにお越し頂きありがとうございます。
そしてクリックありがとうございます)

今週に入って、一気に気温が下がりましたね。
冬物の服を引っ張り出して着だしましたが、体が慣れません。




先日の救命技能講習会へスタッフが参加してくれました。
これで全員が修了し、認定を受けることができました。
安全な治療のためにも重要ですね。



さて、根管治療の患者さんが多くお越しになりますが、
よく患者さんとお話しをしていて、なかなか上手く伝わらないことがあります。

治療原則としては、根管内を無菌化あるいは根尖歯周組織に対して為害性の無い状態にして、
その状態を維持することが基本的な原則であり、・・(中略)・・言い換えれば
”入ってくる細菌を阻止”して
”根管内に存在する細菌を排除”し
”新たな細菌の侵入を阻止”する治療である。
と、成書でも述べられています。

でも根管の解剖を知れば知るほど、100%の除去は困難であることがわかります。






歯ぐきの腫れが主訴でお越しになりました。
かなり目立ちますが、全く痛くありません。
悪いでき物ではないかご心配とのことです。

このような瘻孔形成は化膿性炎症が慢性化したもので、病態の急性化や疼痛発現のリスクは少なく、多くの症例では数回の根管治療で瘻孔は消失すると言われています。





通法通り、裏側から根管内にアクセスしラバーダム防湿下にて感染根管治療を行いました。


術前ですが、根の先に大きな透過像が認められます。


治療終了後です。


5ヶ月の経過観察時のレントゲンです。根の先に骨が出来はじめているのが確認できます。
これからも経過を慎重に追っていきたいと思います。



このケースでは比較的見た目が重症に見えましたが、順調に治癒が確認できました。

しかし、そのようなケースばかりではありません



前歯の強いお痛みでご来院されました。
見た目は歯ぐきなどに著明な変化は認められません。


詳細に問診を行い、診断の結果
根の先の病変を確認し感染根管治療を行うことになりました。
レントゲンから根の先に透過像(黒い影)が認められます。


拡大してみましょう。
丸い黒い影の中心が、根の先と一致しません・・。




治療を進めていき、症状も良くなりました。
術中の確認のレントゲンを撮り、根の先まで器具の到達は確認出来ましたが、






そこで拡大してみると、
根の先1/3付近のところに左上へ伸びる経路が確認できます。

超音波振動を利用し、洗浄液でさらなる感染源除去を進めています。

「このような側枝と呼ばれる空間には細菌が存在できる空洞は比較的少ない」
と成書に述べられていますが、慎重に経過を慎重に追っていきたいと思います。








治療を行っても改善されない、または治療できないこともあります。


内部がピンクに染まっていますが、これは象牙質齲蝕(むし歯)です。
ここまでむし歯が進行していると保存は困難です。
長い期間、患者さんは悩んでいましたが、結局抜歯となりました。


破折しており、、


根尖(根の先)には大きな病変を有していました・・・


難症例と呼ばれるものは、
大きくは「診断上の問題」「治療技術上の問題」「病態上の問題」が
単独もしくは複合して原因となっていると言われています。

どうしても治癒しない場合もしくは診断の結果難症例の場合、私自身の技量の不足認め、
より上級の医療機関の受診をお願いすることもあります。


治療を成功に導くべく、診査と診断を行っていますが、
患者さんの期待と大きくかけ離れることもあります。

治せない症例も存在する事をご理解して頂けますようお願い申し上げます。


年末まであと少しですが、頑張って行きますよ~!(あとブログの更新も)



今月の土曜日からに中村圭喜先生が医局から診療のお手伝いにきてくれることになりました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



☆★  お願い・お詫び  ☆★

歯の悩みは患者さんご本人様にとって深刻なのは承知なのですが、
電話での無料相談などは、当院では行っておりません。
お電話で1時間近くお話しされるかたが、いらっしゃいますが、
受付・診療業務が止まり予約診療に支障がでてしまいます。
ご理解とご協力をお願いいたします。


☆★  年末年始休診のおしらせ  ☆★

12月27日(金)が最終診療日となり、翌28日(土)は午前中は応急対応、午後は大掃除となります。

年始は1月4日(土)午後から診療を開始いたします。



少ないスタッフと医師でやっておりますが、
なかなか予約の取りにくい状況が続き申し訳ありません。(ヒマなときもありますが・・・。)
本当に申し訳ありません

また、ご希望の時間帯によっては混雑が続き、
ご通院の患者さんにはご迷惑をおかけしております。
今後、改善できるよう、一層気を引き締めて業務にのぞみます。


予約状況は刻々と変わりますので、急なお痛みの場合は、お電話いただけますと大変助かります。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
お越しの際は、電話にてご連絡をいただけますと助かります。
よろしくお願いいたします。。
片平歯科医院虎ノ門インプラント・矯正センター
インプラント・矯正センターサテライトサイト(←こちらもよろしくお願いいたします。)
Tel 03-3431-6090
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



こちらのランキングに参加中です♪
↓クリック↓してくださいね♪



にほんブログ村






 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

保存学会から帰ってきたのですが・・ 片平 信弘 - 歯科医師(2013/07/08 20:28)

おしらせ 片平 信弘 - 歯科医師(2013/05/13 08:14)

新しい先生の勤務です 片平 信弘 - 歯科医師(2013/04/01 17:21)

おかげさまで2年になりました 片平 信弘 - 歯科医師(2012/12/31 21:36)

新しい保存治療の展望とは 片平 信弘 - 歯科医師(2012/11/26 06:39)