違いがわからない男 - コラム - 専門家プロファイル

岡田 敏子
Smile Factory 
東京都
収納アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

違いがわからない男

- good

Woman→Wをひっくり返せばMなります。
女性の問題は裏を返せば男性の問題でもあるということ。


夫してほしい家事育児の調査では
掃除・片付けが半数以上を占めています。


片づけない夫と別れたいと思ったことかある妻は45%もいます。


今の30代のイクメンパパは育児もかっこよくこなしたい。
ファッションと同じで持ち物も他人といしっょになるのが嫌らしく
パパが選ぶベビーカーや抱っこ紐の売れ行きもすごいらしい。

男性向け育児情報誌も定期購読500万部と言われています。



外出先でのカッコよさを求めているようですが
反面、家の中の片づけが出来ない最低男も多いようです。


男性が積極的に片づけにかかわれば、女性の負担は軽くなります。
女性が(妻が) より輝くためには
自助努力も必要ですが、男性が(夫が) 担う役割も大きいはず。


職場で言われている「整理・整頓」を家でも実践してほしい。
片づけ方がわからないなら、捨てる。
交流会に参加するより、巷で流行っている「片付けセミナー」に参加する。
自己啓発本に必ず書いてある「部屋をきれいにする人は成功する」
ここをしっかり読んで押さえてほしい。


男だって頭髪が昨日より数十本減ったとか
鼻毛が一本出ていることにすぐに気づく繊細な神経の細かさがある。


そもそも、男は神経の細かさより神経の太さを目指している
だから、目標も関心も女とは違うのだと豪語する前に


違いがわかる男にになろう。


いつか妻から
「あなたとは今日から苗字が違うのよ」といわれて
「・・・? 昨日とどこが違うの?」というようなことにならないためにも・・・・





このコラムに類似したコラム

「 日経ウーマノミクスプロジェクト 」で講演しました! 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/11/17 07:52)

「 日経ウーマノミクスプロジェクト 」で講演しました! 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/08/26 08:53)

片づかないリスクとヘッジ 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/05/24 11:41)

人間であるが故の執着と悩み 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/12/19 07:30)

似合うファッションの見つけ方 岡田実子 - イメージコンサルタント(2015/05/16 22:13)