ホームページ制作の手順 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

藍原 節文
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

原島 洋
原島 洋
(Webプロデューサー)
小菅 太郎
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
三井 博康
(Webプロデューサー)

閲覧数順 2020年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ホームページ制作の手順

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ユーザーに受け入れられるホームページデザイン
以前のコラムで、ホームページを制作する際は、その目的が
大切であるということを言いましたが、今回は、ホームページの
制作手順に関して触れたいと思います。

具体的な制作の流れと思考の流れに分けて、考えていきたいと
思います。

時系列に沿って考えていきましょう。

■ホームページの目的を考える
 ・・・このホームページがあることで何を達成したいのか、何を目的とした
    ホームページなのか?を明確にする。

■ホームページをみる対象者を明確にする
 ・・・一般的にホームページは全世界の人が見られる環境がありますので、
    全ての人に見てもらえるホームページにしたいところですが、やはり
    最も見てほしい人・企業、最も見る可能性が高い人・企業に、ある程度
    絞ったホームページにしていくことが重要であると考えます。

■ホームページのコンテンツを考える
 ・・・目的・対象が決まったら、対象に対して、目的を達成させるための
    ホームページのコンテンツを考えていきます。実際にECサイトで
    あれば、どのような商品をどう掲載するのかが重要であり、コーポレート
    サイトであれば、企業概要・事業概要・企業理念をどう掲載していくのかが
    重要になってきます。

■検索のキーワードを考える
 ・・・これから作成するホームページがどのようなキーワードで検索されることが
    多いのかを考えます。これが直接的なSEO対策にもつながってきますので
    たくさんのアイディアだしをした後で、絞り込んでいくことが重要となって
    きます。

■ホームページのデザインを考える
 ・・・ある程度、ホームページ制作会社に任せてしまったほうが良いですが、
    こんな感じのホームページにしたいといったイメージは、持っておいたほう
    が良いと思います。それを伝えることができなかった場合、結構イメージと
    違ったサイトが出来上がってくる場合がありますので。

まだまだホームページを制作するにあたって、検討しなければいけないことが
たくさんありますが、基本的な部分をピックアップしてみました。

まずは、この流れさえ抑えておけば、その効果が明確になるホームページが
制作できると思います。

ホームページは会社の顔とも言える存在になってきました。ですので、100%
業者に任せるのではなく、自分達で作り上げる意識を持つことも大切である、
と思われます。