復帰に向けて - フラワーアレンジメント - 専門家プロファイル

原川 佳絵
Eka Art Salon 代表
東京都
フラワーアレンジメント講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:絵画・工芸・フラワーアレンジメント

井上 一恵
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
松本 邦子
松本 邦子
(フラワーアレンジメント講師)
原川 佳絵
原川 佳絵
(フラワーアレンジメント講師)
井上 一恵
(フラワーアレンジメント講師)
エリー・グレース
(アートインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。


先日は大学時代の友人がお見舞いに来てくれました。

クランベリージュースとクッキー、それから民族衣装の本を

いただきました(写真が横になってしまった)ありがとう!

今日の夜はいよいよ抜糸。検査をして順調にいけば土曜日退院です。


私は4年半近くもサングラスをかけた生活をしていたので

生徒さんも私の顔を知らない方が殆ど。

だから会っても変わったのかそうでないかわからないだろうけど、

友人、家族、親戚は

「元の顔ではないけど、これからはサングラスは外して生活できるよ」と

言ってくれます。

複視(物が2重に見える症状)は上を見る時少しだけ出るけど

生活に支障はないです。

眼球も病気になる前よりは少し出ているし、左右少し誤差があるけど

病的なほどではありません。

ただ人と話をしていると、無意識に目が見開いてしまう後遺症があるので

自分でリハビリしなくてはいけません。それでも改善しなければ

再手術もあり得ます。

あとは二重まぶたがどれだけ復活するかが、

今後のポイントになりそうです。

手術直後よりは薄っすら二重まぶたも

あらわれてきたけど、まだ脂肪がかぶさっている感じ。

これもゆっくり様子を見るしかなく、

ダメなら注射か脂肪吸引(整形みたいですね)も

検討しないといけないみたい。

あとはステロイド治療の影響で頬がパンパンなのと、

顔全体がかなり痺れています。

この痺れは最大で1年続くそうです、嫌だな。


私の病気は免疫異常からくる病気なので

目が治ったからといって

全てが解決するわけではありません。

でも、大きな病気、手術を乗り越えて

その分前向きになれたというか、

1日を大切にして生きようという思いが

病気になる前よりも強くなりました。


さあ、いよいよ来週後半から少しずつお花の更新ができそうです!

これまでよりもパワーアップできるように復帰に向けて頑張りたいと

思います。





このコラムに類似したコラム

友人とランチ~成城編~ 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/10/14 16:29)

開校記念日 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/10/01 20:57)

銀座ランチとお土産 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/09/26 12:38)

退院報告 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/05/27 12:36)

経過報告 原川 佳絵 - フラワーアレンジメント講師(2013/05/20 09:07)