「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その16 - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
ジコナビ代表 前田修児
(行政書士)

閲覧数順 2017年05月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その16

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

一問一答集 著作権法・不正競争防止法編―平成23年法改正対応 (弁理士試験対策シリーズ)/マスターリンク
¥3,990 Amazon.co.jp


今日は、上記書籍のうち、商品形態模倣(不正競争防止法2条1項3号、適用除外は不正競争防止法19条1項5号)を読みました。

(定義)
第二条1項  この法律において「不正競争」とは、次に掲げるものをいう。
三  他人の商品の形態(当該商品の機能を確保するために不可欠な形態を除く。)を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為

(適用除外等)
第十九条1項  第三条から第十五条まで、第二十一条(第二項第七号に係る部分を除く。)及び第二十二条の規定は、次の各号に掲げる不正競争の区分に応じて当該各号に定める行為については、適用しない。
五  第二条第一項第三号に掲げる不正競争 次のいずれかに掲げる行為
イ 日本国内において最初に販売された日から起算して三年を経過した商品について、その商品の形態を模倣した商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為
ロ 他人の商品の形態を模倣した商品を譲り受けた者(その譲り受けた時にその商品が他人の商品の形態を模倣した商品であることを知らず、かつ、知らないことにつき重大な過失がない者に限る。)がその商品を譲渡し、貸し渡し、譲渡若しくは貸渡しのために展示し、輸出し、又は輸入する行為

このコラムに類似したコラム

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その15 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/24 06:59)

不正競争防止法による差止請求権など 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/28 07:29)

不正競争防止法2条1項10号~12号の比較 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/27 18:00)

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その17 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/25 12:19)

「一問一答集 著作権法・不正競争防止法」、その13 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 12:54)