『折込チラシに買う物件は無い』土地編vol2広告物件 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2021年01月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『折込チラシに買う物件は無い』土地編vol2広告物件

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編
前のコラムにも書いたように
皆さんの目に物件の情報が入ってくるまでに
プロの買い手がしっかりと目を光らせているのです

結局、広告にのる物件となると

●間口がせまく2棟以上に分割できない。
●地型が悪い
●割高
●道路が狭い

・・・とい土地が多いということになります。

これがいわゆる広告物件です。

            『広告物件』と''『売る物件』''は違います。


ためしに「広告物件」に問い合わせを入れてみて
担当と名乗る営業マンに聞いてみましょう。
「その物件を見たことありますか?」
「物件のとなりには何が建っていますか?」

また、「高架線下」「計画道路有」などのよくない条件の語句は
小さい文字で下のほうに書かれているものです。
注意してください!

まぁ・・・書いてもいない業者よりはまともですけどね。 ^^;

      では、チラシで割安の良い土地条件を探すコツとは???