【問題を自分でみつける能力をつけるための】英語で社会科―3 - 子供の教育・受験全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供の教育・受験

広瀬つみき
広瀬つみき
(2歳3歳専門の子育てアドバイザー)
原田 将孝
(塾講師)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【問題を自分でみつける能力をつけるための】英語で社会科―3

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 子供の教育・受験全般
英語学習方法

1月16日2月6日のコラムでご紹介したSocial Studies Project.

日本の小・中学、高校生たちに、「自分で問題をみつけ、その問題を分析し、解決方法を探る」Projectです。
いよいよ来週で終わり。 プレゼンまで行けそうもない~~と悲鳴を上げるグループが増えて来ました。

最初は調子良くても、具体的具体的という説明で立ち往生したグループ:

 ミツバチの絶滅が地球の酸欠につながるという問題:自分たちにとって、何が困る?という具体的な事例で苦しみました。 やっと、酸素の欠乏により、集中力の欠如というところに行き、学力の低下につながりました。 ひいては日本の働き手の能力低下につながり、今より経済が悪化するそうです。 

さて、次。 今度はミツバチが劇的に減少している原因。 「特別なダニ」という原因説をネットでみつけたまでは良かったのですが、その解決方法になると。。。。。????##$ スプレーを使っても有害物質を含むし、特別な知識が必要だし・・・・。 困っています。

 前回ほめたトラの絶滅グループ。 リーダーの生徒の理解力の速さがうまく働いて原因まで行きました。 アジアの国々の現状をリサーチし、違法終了が大きな原因であることを突き止めました。 「刑罰を重くする」という解決方法を仮説として、各国の罰則規定を調べていますが、なかなか出て来ません。 

やっと、ベトナムの資料が出てきて、それを重くする!と勇んで解決法を持ってきましたが、私の一言で立ち往生中。 「どうやって?」  

日本の新聞の社説がいつも使う表現、「早急に手を打つべきである。」
「誰が?」「どうやって?」

誰かがやればいいというのは解決法でも何でもないです。 日本にいる小学生や中学生のひとりとして何が出来るかまでたどり着くこと。 さて、困った・・・。

  などなど。

というように、現存する、良く知られている、すでに問題提起されているものを選んだ生徒たちは、とちゅうまで調子よくても最後の段階で、自分たちのレベルまで問題を持って来ることに多大な困難を経験しています。 これこそが、今回のProjectのテーマ「問題をみつける」ということです。 

すでに「答えのある問題。 専門家たちが多くの答えを提案している問題。」をそのまま持って来るのではなく、自分たちの身近な問題がひいてはどんな大きな規模になるのかを探り出すことがテーマでした。

ひとつのグループ。 「尖閣問題」という非常に大きな、解決不能状態の問題を扱った小学6年生3人組。 非常に興味深い展開を見せました。 解決方法もみつけました。 本人たちは来週それを英語でプレゼンする予定です。 

このような大きな問題が小学生レベルで解決法につながった理由は、「なぜこれが困るのか?」と自分たちの日常レベルで非常に具体的な事例を示すことに成功したからです。 グループの中にひとり、日本人にしては類まれな創造力を躊躇なく表現出来る生徒がいます。 その生徒がぐいぐい引っ張って行った成果です。 来週のプレゼンはYou Tubeで公開します。 お楽しみに。

「水不足・・・」「税金が増える。。。」と、現存する問題を次々に持ってきては全然勧めなかったグループに、こんなヒントを出しました。 

「自分たちの周りで、これって困るよな~。」ということある? と。 
「道路に犬をうんちが多い!」

一緒にIdea Mapを書きました。

(道路に犬のうんちが多い)→(踏んでしまう)→(お母さんに怒られるー実体験だそうです)→(怒られたのは犬のせいだと、今度は犬にあたる。 犬を蹴る)→(犬が怒ってかむ)→(かみ傷から病気になる)→(死ぬかも知れない)

ははは。 大笑いして、OKを出しました。
現在解決方法を考えています。 なかなかよく練った方法ですよ。

Critical Thinking. 毎日少しですが、育っているのを感じます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「英語学習方法」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語英才教育相談

世界一流の英語能力を育てる英才教育のご相談

料金
無料

従来の日本式英語教育に退屈しきっている方への相談です。
Gifted children と呼ばれる優秀な頭脳を持った子供達も日本の全員平等型の教育制度の中で埋もれてしまっています。
世界レベルの英語能力をつける潜在能力を持った子供も、本来の能力を開花させることなく大人になってしまうのが非常に残念です。
北アメリカからの最新科学的研究を応用し、英才英語教育へのアドバイスをさせていただきます。

英語英才教育相談

このコラムに類似したコラム

Critical Thinking 不在の日本の「教育再生」計画 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/01/31 15:43)

英語で社会科【問題解決能力をつけるために】 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/01/16 12:59)

英語でサイエンス 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2012/07/25 15:08)

日本の教育? - "Whatever" 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/12/28 15:10)

英語を始める前に脳の準備をするクラス Big John Math Class 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/12/06 17:59)