現役システムエンジニアのための交渉術 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

井上 敦雄
アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタント
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現役システムエンジニアのための交渉術

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

交渉。

利害が対立する相手と、話し合って、お互いの一番メリットが大きい場所を探す。

この「お互いの」というところがキモですよね。
結論を出した時に、どちらか一方が我慢していたら、後々、もめます。
感情のしこりが残るからです。

いつか取り返す。取り返してやる。

そんな思いがどこかに残ってしまうと、何かのきっかけで爆発、暴発します。

では、どうすれば防げるか。



まずは、相手の要求を120%聞く、だと考えています。
120%。

もちろん、交渉している間に、また、要求が変化してくることもあるでしょう。
その場合でも、根気強く、聞く、です。

次に、自分の要求を説明する。

お互いの要求がマッチしていない場所を洗いだす。
これくらいまで整然とできそうですよね。

でも、次からは、大変です。

お互いの要求がマッチしていない場所をどう料理するのか。
ここからが本番です。

ここで出てくるのが、オプション。

自分がどこまで譲れるか。違う案を出せるか。
このオプションをたくさんもっているほうが有利です。
交渉前にオプションをたくさん用意しておく。

非常に重要です。

これによって、結果的に相手の妥協点も下げてもらう。

もらう前に与える。

この心理で、有利に進めることができます。
負債と返済。

もちろん、この時に、相手の行動原理を知っておくことも重要です。
お金なのか、プライドなのか、他人からの評価なのか、実績なのか。。。

また、書きます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

週末カウントダウン。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/10/15 16:13)

あなたは、支払ってもらえますか。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/08/25 23:59)

あなたの価値を上げる。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/07/05 08:12)

未来への投資。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/06/02 11:45)

社会保障制度改革国民会議。 井上 敦雄 - ITコンサルタント(2013/06/01 13:03)