どんな測量をすれば良いの? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

青沼 理
青沼建築工房(有) 一級建築士事務所 取締役
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どんな測量をすれば良いの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住まいの質問箱から

本日のご相談は・・・・

Q.建替をしたいのですが、敷地測量をやっていなくて正確な寸法・面積がわからないので測量をするのですが、どんな測量をすれば良いのでしょうか。

A.まず大きく分けて測量には「確定測量」と「現況測量」があります。
「確定測量」は、敷地の測量と同時に隣地との境界を確定します。民地-民地の場合も、民地-公共地の場合も、
隣地(道路)境界が確定していない場合、それぞれの土地の所有者などの立ち会いの下、
隣地境界を確認し(確認の承諾書など書面とあわせて)確定ます。
分筆登記をするときや登記簿の地積更正登記をするときには、「確定測量」をすることが原則で、測量作業は測量士でもできますが、登記は土地家屋調査士で無ければできません。

対して「現況測量」は隣接地の土地所有者などの立会いは無く、
現況の境界ポイントなどを基にあくまでも現在の状況を測量することで建築確認申請は、一般的に「現況測量」でOKで、作業は土地家屋調査士でも測量士でも担当できます。

費用・時間は
「現況測量」<「確定測量」
ですので
測量の必要目的や現在の状況あわせて
使い分ける必要があります。

このコラムに類似したコラム

境界杭ってなあ! 杉浦 繁 - 建築家(2011/12/02 17:06)

家を建てたい! から始まる家づくりガイド #4 葛原 千春 - 建築家(2014/03/26 16:56)

耐震化リフォーム 施工会社と下見を行いました。 一條 美賀 - 建築家(2014/01/31 19:26)

さあ、やっとサケ釣りだ! 杉浦 繁 - 建築家(2013/10/27 14:23)