悪くない田舎暮らし(キャッシュフローから田舎暮らしを考える) - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

真鍋 貴臣
香洋ファイナンシャル・プランニング事務所 代表者
香川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年02月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

悪くない田舎暮らし(キャッシュフローから田舎暮らしを考える)

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

東京新聞より抜粋。

【記事抜粋】

車を減速するように、生き方も速度を落としてみる。

「ダウンシフト(減速生活)」と呼ばれる生き方が先進国で静かに広がっているそうです。

「ダウンシフト」とは、生活のペースを下げて、ゆとりある生活に切り換えていくことを指す。

元々は「車のギアを1段下げる」という意味のダウンシフトが転じて、「生活のギアを切り替えること」、つまり「少ない消費と少ない収入で充足感を得る暮らし方を自発的に取り入れ

ること」、「収入が減っても、ストレスの多い仕事を辞めて、よりシンプルで幸福が感じられる生活に切り替えること」や「出世競争、競争社会からの離脱」といった社会的行動の意味

で使われ始めたそうです。

具体的な行動としては、「労働時間を減らす」「家族と過ごす時間の割合を増やす」「小さい家や田舎に引っ越す」などがあり、こうした生活を実践している人々は「ダウンシフター」

と呼ばれ、米国、英国、オーストラリアなどを中心に世界各地に広がっているそうです。

【抜粋終了】

この記事にもあるように、なぜか一般的に「田舎暮らし=後退」のイメージで語られる場合が多いように感じます。

ただ、個人的には田舎暮らしと都会暮らしの最大の差は「時間の流れの違い」だと思っていて、都会のスピードに付いてゆける人は都会で暮らせばいいと思うし、逆に「それじゃ疲れてしまう」という人は、田舎で暮らせばいいと思っています。

このように、私にとっての都会暮らしと田舎暮らしの差は「自分の性質」に合うかどうかこそが一番大きくて、収入(特に家計のキャッシュフロー)の面から見た場合、そんなに差があるようには感じていません。

ちなみに、平成20年の香川県における平均的収入は429万円、東京は599万円となっています。

これを、だいたいで可処分所得に置きなおした場合、香川県は365万円程度、東京は480万円程度ということになり、その差は115万円になります。

一方、生活費の平均値は香川県で203万円、東京で527万円となり、その差は324万円です。

この情報だけを見た場合、「可処分所得-生活費」については、香川県の方が多いという事になります。

(いずれも「http://oumyou.com/」を参考。)

今回はインターネットから検索した情報だけで記載しましたが、実際の居住費であるとか食費なども田舎の方が安い場合が多いですし、保育所や幼稚園の待機の問題、また行政の子育てや定住に関するバックアップなども充実しています。

田舎から見ますと都会で働くということは一種のステータスでもあるのですが、家計や生活にかかるバックアップなどの面からみると、決して田舎も都会に負けてないのかなと思います。

田舎でも都会でも、人が「仕事」をして満たされる為には、職種や職責に関わらず、その仕事に「使命」や「達成感」を感じる事が必要だと思っていますし、こういった感覚は都会、田舎で差があるものでもありません。

都会住まいの方は、結婚、進学、家、いわゆるライフイベントのタイミングで「田舎住まい」を検討するのも面白いのではないでしょうか。

このコラムに類似したコラム

オーストラリアの牧場とクーデター 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/07/05 09:00)

各国の比較をみると、社会保障について、低負担・高福祉サービスは成り立ちません。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/23 10:00)

ドイツにも忍び寄る、Brexitの影 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/08/26 09:00)

英・建設業購買担当者景気指数の分水嶺 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/07/08 09:00)

Brexitの証跡 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/07/01 09:00)