老後にはいくら用意しておけば安心ですか? - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

藤原 良
ファイナンシャルプランナー
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後にはいくら用意しておけば安心ですか?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
ファイナンシャルプランニング 家計見直し

こんにちは、人よりちょっとお金に強くなる!

「お金と保険の勉強会」講師のファイナンシャルプランナー藤原です。


勉強会の感想/個別相談の感想
メールで相談/勉強会・個別相談ご予約
FPとして個別相談をさせていただいている時に、よくご質問を受けるのが

「老後に必要なお金っていくらいりますか?」

というものです^^

これに関しては、個人こじん、求める生活レベルの高低もありますし、いつからを「老後」と捉えるのかによっても違ってきます。

ただ、参考までに生命保険文化センターのデータを紹介させてもらいますと

 

夫婦で最低必要な日常生活費として、平均22.3万円(グラフ上)、ゆとりある生活費として、平均36.6万円(グラフ下)かかると出ていますねー(平成22年度調べ)。
 
この最低必要な日常生活費は、旅行などのレジャー費用や、趣味などの費用は含まれておらず、貯蓄もせずに普通に食べて、普通に暮らすための費用です。

この金額をもとに、60歳で退職するとして、必要老後資金を計算すると・・・

計算式
◆老後生活資金=◆老後の月々の生活費×12ヶ月×(◆平均寿命-退職時の年齢)


世帯主を男性、その平均寿命を80歳とすれば

約5300万円かかります。

かなりの金額ですよね。もちろん年金など国の社会保障制度もあるので、この全額を用意する必要はありませんし、独身の方などはこの7割だったりと、各家庭で必要な金額は変わってきますので、あくまで参考程度に。

でも、この計算だと、病気や介護になったらたちまち赤字となるので、よほど健康に自信のある方以外は、プラスアルファの生活費を考えておく必要があると思いますよ^^;

自分の場合はどうかな・・・とご関心ある方は、個別相談も承ってますよ^^

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

ファイナンシャルプランナーの藤原でした。

□■□■□~お願い~□■□■□
ブログランキングで1位を目指しています!ポチッと応援していただければ嬉しいです^^

保険 ブログランキングへ

□■□■□~ご協力感謝致します!~□■□■□

◆お知らせ◆
■貯金・節約・保険の知識は、21世紀の日本に必要不可欠!
 「お金の勉強会」、生命保険のご相談のご予約はコチラ!
■お気軽にお問い合わせ下さい!
 2種類のお問い合わせ方法をご用意しています。
■個別コンサルティングルームも完備しています!
 事務所へのアクセスはコチラ
■FPふじやんのFacebookはコチラ!
 友達申請される時は、メッセージを添えてお願いします。

❖会社情報❖
□■□株式会社 ライフコンサルティング□■□
 事務所ホームページはコチラ
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町3丁目9番20号 南秦ビル8F
Tel:078-331-5324 Fax:078-331-5518

このコラムに類似したコラム

住宅ローンを選ぶ時はこういう点を気をつけたほうがいいですよ。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/04 16:13)

むかぁ~しむかし、あるところに役に立たない生命保険がありました、とさ。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/03 10:00)

パートする主婦の、モヤモヤな疑問。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/02 23:50)

ブラジル行くとき連れてってー。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/30 20:16)

成功するにはMMSを身につけましょう。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/29 19:50)