営業マンのためにこんなオフィス活用はいかがですか - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

営業マンのためにこんなオフィス活用はいかがですか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は外部のオフィス活用についてのお話です。

リラクゼーションとビジネスニーズを融合した新業態が注目を集めています。

http://shinbashi.keizai.biz/headline/261/

店内には仕事にも使える大きさの机が並び、席で携帯電話を使用しても差し支えないとのこと。

資料を広げて商談する人、パソコンを広げてメールをする人など、「セカンドオフィス」として利用している人が多いようです。

営業マンにとって一番重要なことは、何といっても顧客訪問回数・時間を増やすことです。

大手企業はそのために自前のサテライトオフィスを設置していますが、中堅・中小企業でも、このようなオフィスを有効活用することで、同様の効果が期待できます。

こういったオフィス活用と合わせて、ノートパソコンの活用やインターネットをベースにしたITインフラを構築すれば、さらに大きな効果が期待できるでしょう。

営業活動の効率化を経営課題として捉え、対応策を積極的に実施していく。必要であれば、このような外部の新しいサービスを積極的に活用する。

このような経営者の姿勢が、何よりも営業マンのモチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

世代交代(2016/11/17 09:11)

業務の効率化や標準化(2016/10/27 10:10)