公的年金、いつまでもつのか・・・ - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公的年金、いつまでもつのか・・・

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
資産運用

こんにちは!

さて、厚生労働省が公的年金の加入者の所得状況を発表しました。

その中で、自営業者やフリーターが加入する国民年金の加入者の平均年収が159万円という結果が出ました。

これは、公的年金をもらっている受給者の平均年収189万円より低い水準となっています。

そして、国民年金の加入者全体でみると、54.7%の人が、年収100万円以下の層であることが判明しました。

現在、国民年金の納付率は、58.6%(2011年)と過去最低を更新していますが、上記の数値を見ると、払いたくても払えない人たちが相当数いるのではないかと推測されます。

普通に考えても、平均年収159万円の人たちが、189万円の方たちの「老後の年金」を支えているというのは、異常な状態です。

 正直、ほとんど制度崩壊していると言っても過言ではないでしょう。

 現在、年金の支払いには、保険料の他、税金も投入されていますが、今後ますます税金の投入額が大きくなり、社会保障費が増大していくことは明らかと言えます。

1. 加入者減少

2. 受給者増大

3. 納付率低下

4. 運用低迷

これらの事実を考えれば、今の制度を存続できなくなるのは、時間の問題です。

一旦どこかで線引きをして、将来の「自分の為の積立年金」に移行するしかないと思います。 決

められない政治状況の中、否応なくそのような仕組みになる前に、まずは「自分年金作り」に是非取組んでおきたいものです。

 7月28日、第2回「自分年金作り方セミナー」開催いたします!

ご興味がある方は、どうぞご参加ください↓

http://www.ifa-japan.co.jp/images/news120704.jpg

WEB受講も可能です↓

 http://ifa-media.net/seminar/

では、暑さが戻ってきた今週ですが、夏バテ対策万全でお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

10月開催☆定期セミナー『ゆとり生活を叶えるマネー講座』のご案内 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/07 17:11)

やっぱり農業はすごかった… 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/08 15:04)

未納の国民年金保険料は後で払えますか? 大澤 あきこ - ファイナンシャルプランナー(2012/11/28 22:27)

10月1日からこう変わる。 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/05 10:00)

国民年金納付率、最低を更新 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/22 09:20)