「公的年金、運用振るわず!」 - 退職金運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「公的年金、運用振るわず!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 退職金運用・管理
資産運用

こんにちは!

さて、日本の公的年金の運用を行う「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)※それにしても長い名称です・・・笑」が先日、今年の4月~6月の運用結果を発表しました。

 

GPIFは、日本の国民年金と厚生年金の運用を行っており、現在は国内外の株式と債券で分散投資を行っています。

 

結果は、国内外の株式運用が振るわずに、2兆690億円の損失となりました。

 

損失要因を個別にみると、国内株式が運用利回り-9.83%で1兆3944億円のマイナス、外国株式が-7.55%で9833億円マイナスという結果になっています。

 

投資なので、マイナス運用になる時があっても致し方ありませんが、ただでさえ、年金給付の為に「積立金の取り崩し」があるため、マイナス運用が続くと、積立金の減少が加速することとなります。

 

上記の損失と給付額の取り崩しで、今年3月末に比べ、この3ヶ月間で残高は、“5.4兆円”も減少し、「108.1兆円」となっています。

 

まだまだ世界最大規模の“ファンド(基金)”ではありますが、年金給付の為に、3か月で3.3兆円もの取り崩しが必要であるとするならば、このままでは10年程度で、年金積立金は枯渇することも考えられます。

 

従って、いまだ残高があるうちに、公的年金の抜本改革が急務といえるのです。

 

今後どうなるかわからない公的年金制度を見るにつけ、いつもながら、“自分年金作り”の重要性を感ぜずにはいられない今日この頃です。

 

さて、本日は無料メールマガジンの発行日です。

今回は、回復基調にあるヘッジファンドのご紹介をしています。

今年に入ってからも、年初来“9.84%”の実績となっています。

 

ご興味がある方は、是非こちらから↓

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

 

では、今週末も穏やかな日となりますように!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

「FX取引 5524兆円に!」(2016/05/20 12:05)

このコラムに類似したコラム

「世界の運用資産額62兆ドルに!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/07/26 15:35)

「2012年 貿易赤字過去最大8.1兆円」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/04/26 17:10)

「日本の人口、28万人減少!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/04/19 18:26)

欧州はスイス北中南米は米国とメキシコ、日米英は米国が上昇 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/16 10:00)

マイファンドレポート7月速報版を掲載、当月は-1.9%でした。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/16 10:00)